名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

個人年金保険

最初から何ですが、個人年金保険に私は全く魅力を感じません

保険と言っても、全然『保障』じゃないからです。加入する時に、健康状態は関係ありません。

保険料の支払いの途中で亡くなった場合、今まで払ってきた分が戻ってきます。他の保険のように、【支払った保険料<死亡保険金】にはなりません。貯金をしているのと同じです。

また、年金として受け取っている途中で亡くなると、その後の年金の支払いはありません。特約が無ければ、家族も受け取れません。『長生きのリスク』の為の商品で、早く亡くなったリスクには対応していません。

 

そして、個人年金保険は、年金機構が管理している通常の【年金】より機能が劣ります。障害年金や遺族年金という機能も、【年金】の方がはるかに充実しています。

個人的にもう一つ年金を準備したくなるくらい、【年金】を不安に思っている人がたくさんいることは事実です。【年金】が枯渇して貰えないのではないかという不安が私も無い訳ではありません。しかし、全く貰えないということは考えにくいです。

退職してから、年金を貰えるまでの数年をどう生活するかも大きな関心事ですが、長生きのリスクとイコールで考えて良いのかは疑問です。それなら、貯蓄型の保険の方が適しているかもしれません。

長生きしなければ意味がない年金という形を、なぜもう一つ用意する必要があるのでしょうか。同じ形の商品を複数持っていることよりも、全く違く形の商品を複数持っている方が、本当の意味でリスク分散になります。

『年金は貰える額が少ないから』『不安だから』というのであれば、【年金】自体を増やす方法を考えた方が良いです。国民年金第1号被保険者なら、付加年金や国民年金基金などを検討してみてください。

 

個人年金保険をおススメな人は以下の人です。

【年金】が貰える要件を満たしていなくて、【年金】が全く貰えない人

( 2017年に法改正で年金受給資格が【25年納める⇒10年納める】に縮まる予定です。その為、要件が満たしやすくなるので、該当者は減るでしょう。)

・持病があり、通常の保険に入れない人

・専業主婦、または扶養内で働いている主婦(主婦)の人で、世帯主の収入が多い人

・長生きすることが何より怖いと思っている人

・生命保険料控除を受けたい人

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

保険の選択(3)

貯蓄機能のある保険

養老保険終身保険個人年金保険などです。受取金額が決まっている【定額保険】と、運用によって変動する【変額保険】があります。

個人的には、貯蓄は別に保険で用意しなくて良いのではないかと思います。そもそも保険は万が一に備えるためのものです。

では何故、貯蓄の選択肢に保険が入っているのかですが、答えは簡単です。不景気で金利が低いからです。『銀行に預けていてもお金が殖えない。どうしよう…。』という空気になってくると『保険で積立しましょう。』とか『保険で殖やしましょう。』と注目が集まります。

しかし、所詮、銀行よりも殖える可能性があるだけです。保険だって運用して殖やしている訳なので、金利が低ければそんなに殖えません。

 

言い換えれば、保険だって好景気で金利が高い方が増える訳です。金利が高い時に注目されても良いはずなのに、そうでないのはリスクがあるからです。金利が高ければ、リスクがない銀行に預ける方が人気なのです。

低金利の今、『リスクがあっても、少しでも殖やしたいから保険を選択する。』ということですよね。具体的には【払った金額よりも受け取る金額の方が減る】ことがリスクとして挙げられます。

…少しでも殖やしたいのに、減るかもしれない…とは、まさに本末転倒ではないでしょうか。それが私が貯蓄を保険でしなくて良いと思う根拠です。

「でも、受け取る時の金額は悪くない数字を提示してもらった。」という意見もあります。その通りです。満期、もしくは目標時期まで保険を続けられれば悪くないでしょう。それは、【定額保険】でも、【変額保険】でもです。

 

【変額保険】は、運用成績によって受け取る金額が減る可能性があるというのが一つのリスクです。実際はそのリスクよりも、途中で保険料の支払いが難しくなって保険を解約する方が、もっとリスクが高い(受取金額が減ってしまう) です。

貯蓄目的の保険は、15年間以上の『定期預金』や『積立式定期預金』だと思って始めてください。つまり、その間は引き出せない(=引き出したら受取額が減ってしまう) と認識しなければ、殖えるどころか貯まってさえいないでしょう。

保険という商品の基本は保障です。保険会社は運用が得意です。貯蓄機能のある保険は、保障にその運用技術を乗せただけです。最初の10年は肝となる保障にお金が回り、その後で運用にお金が回ります。10年以内に解約すると、ビックリするくらいお金が受け取れないのはそのせいです。

以前にポイントだと書きましたが、保険は長期でこそ活かされる商品です。30年も続けられれば、受け取る時には『悪くない』金額になっていることでしょう。

「最初から運用に回してくれれば良いのに…」と思うのであれば、投資信託をされてみてはいかがでしょうか。

 

という訳で、貯蓄目的の保険は長期間引き出せなくても大丈夫な人にだけおススメします。もしくは月々保険料5,000円など、生活に支障がない範囲でされるのも良いと思います。

お子さんの学資保険として有効なのは、目的がはっきりしているので、途中で解約しようとは思わないからでしょうね。続けるには目的・目標があると良いのかもしれません。

ちなみに、私は老後の生活の為に、変額の養老保険に加入しています。この保険だけに頼らず、現金貯金も怠らないように頑張ります。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

保険の選択(2)

守るべき家族がいる人の保険

【死亡保障】や前回記載の【就業不能保険】のことです。家族が困らない為の保険なので、掛け捨てタイプが良いです。つまり定期保険で用意してください。養老保険や終身保険で用意すると目的に合わない上に保険料が高いです。

また、年齢とともに保障が小さくなる、(家族)収入保障という形がおススメです。(=逓減型【読み ていげんがた】の一種)

保険金が、何年までの間、毎月○○万円出るというタイプです。何年までなので、例えば今契約して30年後の2046年まで保障だとすると、5年後に亡くなったら25年間、25年後に亡くなったら5年間、毎月決まった額が受け取れます。(毎月15万円だとすると、25年間なら総トータル4,500万円、5年間なら900万円受け取れる。)

保障期間中、亡くなったらいつでも○○○万円出る(←業界ではハコ型と呼んでいる) タイプと比べて保険料が安いです。ハコ型の半分~3分の2程度に抑えることが出来るでしょう。保障の額はだんだん減っていきますが、保険料は平均の金額を算出して、決まった額を月々払っていくことがほとんどです。住宅ローンとイメージは同じです。

有事の際はお金があったらあっただけ助かりますが、定期保険は保障期間が決まっているので、その間に何もなければ掛け捨てです。生活が困らないように保険金が用意できていれば良いと考えるのであれば、収入保障型は無駄が無いと思います。

住宅ローンと言えば、『団体信用保険』も逓減型(だんだん減っていく)が一番おススメです。と言うより、他は考えられません。ローンの残高が減っていくと同様に保障の額も減っていきます。そして、『団体信用保険』を組んでいるなら、その分は家族の為の【死亡保障】の額を減らしても良いと思います。

 

ただ、キャッシングやカードローン・消費者金融などで借金がある人は、保障の額が変わらず保険金が出るハコ型で用意してください。何故なら、金利が高いので住宅ローンのように元金を計画的に返していくことは出来ません。借りた額と同じ金額の保障を用意してください。

 

相続対策としての保険

一番保険の能力を発揮するのは、この相続対策ではないでしょうか。終身保険で用意するのがベストです。

誰かが亡くなったら、正当に相続が行われるよう、銀行などの金融機関はその人の通帳から預金が引き出せないように口座を凍結させます。(←2016年現在) しかし、保険は凍結されることなく、指定された受取人に保険金が支払われます。

言い換えれば、受取人が指定されているから凍結されないのです。遺言書の役割も果たします。そのお金でお葬式などの入用の資金に充てることも出来ます。

相続税は基本的には10か月以内に納付しなければなりません。相続人が近隣に住んでいるとは限らないですし、もめ事が発生しないとも限りません…手続きは大変です。弁護士さんに頼めばその費用のことも考えなければなりません。やることはたくさんでバタバタです。様々な精神的ダメージがあります。そんな時、保険金が支払われるとお金の心配が減ります。

もし、相続税の基礎控除(非課税枠) 以上に資産があるなら、お葬式代等200~500万円以外にも保険を契約しておきましょう。メリットしかないと私は思います。

生命保険には基礎控除とは別に【500万円×相続人の数】の非課税枠があります。資産が不動産などの換金しにくいものが多い場合にも有効です。相続争いの対策になります。何より、現金で遺すよりも多く遺すことが出来ます。(←総支払保険料<死亡保険金 が生命保険の基本) 終身保険は保険料が高いという人もいますが、相続という用途であれば、現金で貯金するよりもずっと得です。

 

…少し難しい内容かもしれませんが、話についてきてくれていますか? 

「遺す資産なんてない」「遺す家族がいない」という人には縁がない話かもしれませんが、知っておいて損はありません。今から人生諦めてどうするんですか。お金持ちの人はこの手の知識は半端ないですよ。

ちなみに、私はお葬式代用に終身保険に加入しています。何故、加入したかというと、『このお金は使っちゃダメ』と手をつけないと決めた貯金があったんです。長期入院して死んでしまっても、家族に迷惑をかけなくて済むかなと考えたお金です。それなら、保険で持っていた方が良いなって思った訳です。…『その保険以外は、全部お金使っちゃても良いよね』という発想があったことも正直に書いておきましょう(笑)

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

保険の選択(1)

ここからは、私の独断と偏見で『保険の選択』はこうすると良いよというのを書いていきます。参考にするかしないかはあなた次第です。

①ガン保険

ガン保険に特に力を入れている会社で申し込むのがおススメです。A社とかT社とかですね。商品も充分に研究されています。まんざらではありません。

注意点は2点。例えば『A社の商品だから大丈夫』と思っている人がいるかもしれませんが、【いつ頃販売された商品か】がポイントです。新しい商品の方がより良くなっています。昔からの契約の場合は見直してみると良いと思います。掛け捨てが基本なので、見直しをして損するということはあまり考えられません。

また、ガンは日進月歩で治療法が見つかっているので、今後も最新の商品をチェックすることをおススメします。

ガン保険は保険金が出るようになるまでに待期期間があることが多いです。(もちろん無い商品もあります。) 3か月が一般的です。新しく契約した保険に3か月の待期期間が付いていたら、それが終わってから古い契約を解約しましょう。ガン保険は高額ではないので、3か月ダブったとしても、それほど家計の負担にはならないと思われるので、焦って解約しない方が賢いです。

2つ目は、【ガン以外の特約は付けない方が良い】ということです。ガン以外の死亡保障や医療保障を特約で付けるくらいなら、別で死亡保険・医療保険に加入しましょう。何故なら、ガン保険は良い商品が発売されたら見直して欲しい商品です。その為、見直しをすれば、特約の保障も終わってしまうからです。

 

②医療保険

人それぞれ好みはあると思いますが、私は終身の医療保険に加入しています。入院や手術はいつするかわからないので、例えば80歳までの医療保険に入っていたのに、保障が終わった81歳の時に入院したとなると、やはり悔しいです。

また、保険料が更新型の医療保険はおススメしません。払えなくなって保険を解約することが一番もったいないからです。そして、当然入院一日目から保障されている保険が良いです。自ずと商品・保険会社が絞れます。

 

医療は国や健康保険の手厚い制度があるので (高額療養費制度・後期高齢者医療制度等)、医療保険自体必要ないという考えも有りだと思います。

ただ、私は実費負担分が怖いので、民間の医療保険に加入しています。差額ベット代とか、食事代とかですね。仕事を休んでいる間、給料が出ないのでその補てんとしても考えています。

最近、【就業不能保険】が人気のようです。働けなくなった時に収入の減少をカバーしてくれる保険です。それは医療保険とは別の扱いです。うつや自宅療養などの病気の時には、医療保険では賄えないので、足りないと思う人は加入しても良いと思います。医療保険に比べて保険料は安くないですが…。

医療保険に加入しているもう一つの理由は、先進医療を保障して欲しいからです。自分が病気をして、それが先進医療で助かるかもしれないなら受けたいです。しかし、先進医療を受けるには莫大な費用が必要です。1,000万円、多いところでは2,000万円保障してくれる保険があります。※ガン保険でも先進医療特約(ガンのみ)を付けることが出来ます。重複して付けることは出来ないので、医療保険の方に付ける方が良いでしょう。

 

注意点は、いつか医療保険に加入するなら、【若い頃から加入すべき】という点です。そして、見直しの要らない保障内容が充実した保険に加入しましょう。

例えば、25歳から終身の医療保険に加入して、保険料の支払いは65歳で終えた場合と、40歳から同様に終身の医療保険に加入して、保険料の支払いは65歳で終えた場合と、保険料の総支払はそれほど差がありません。トータル払うお金が一緒なら、若いうちから保障があった方が断然良いですよね。

なぜ、こうなるかと言うと、一番保険金の請求が多い(=入院や手術が増える) のは65歳を過ぎてからです。(※女性は出産が多い30代も多いです。)保険金支払いの可能性が低い若い頃に加入すると、月々の保険料が安いのです。ただ、払っている時期が長いので、トータルは変わらないという訳です。

保険会社も採算が取れ、お客さんも若い頃から安心を手に入れられる…私ももっと早く加入していれば良かったです。

 

最後に一つ、ガン保険には加入しているが、医療保険には加入していないという人も多いのではないでしょうか。ガン保険は保険料が安いし、ガンが一番お金がかかりそうだからでしょうか。ガン保険のみの選択をした人は、ガン以外の病気になったりケガをしても保障してもらえないことを忘れないでください。

私は、ガンも怖いですが心筋梗塞や脳卒中・糖尿病なども怖いです。大ケガだってするかもしれません。医療保険は、病気を選びません。医療保険+ガン保険が一番の理想です。

ちなみに、私は医療保険にしか加入してません。『最低限だけど無駄のない保障』を吟味した結果です。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

《おまけ》各保険会社の比較の仕方

保険を扱う担当者のことを【募集人】と呼びます。営業マン、セールスレディーのことです。募集人資格をパスしないと【募集人】にはなれません。ちなみに、それほど難しい試験ではありません。

また、募集人は他社批判をしてはいけないと法律で定められています。商品比較もしてはいけないのです。おかしな話ですよね。自分の会社や商品のアピールはして良いけれど、決して他社を引き合いに出してはいけないという訳です。何のデータも無しに『当社の商品は優れています!』と言って誰が耳を傾けてくれるでしょうか。

 

比較検討できるデータが何もない訳ではありません。『各保険会社は、有事の際に保険金を支払うお金をどれだけ準備しているか』が数値で公表されています。【ソルベンシーマージン比率】というものです。支払余力とも呼ばれ、保険会社の健全性を示す指標です。数値が高ければ安心とされています。各社比較が出来るので、保険の申し込みを検討する時には、是非チェックしてみてください。

もう一つ、【信用格付け】もされているので、そちらもチェックしてみてください。

けれど、この二つだけチェックすれば良いという訳でもありません。【ソルベンシーマージン比率】は新規参入の会社や、『新たな保険の申し込み』を打ち切った会社は数値が高くなります。保険金を支払う可能性が低くなるからです。【信用格付け】は格付けを依頼していない会社は入っていません。

 

では、どうしたら保険会社の社風や商品の内容・評判を知ることができるか…。それは保険会社を辞めた人に聞くのが一番良いでしょう。しかも、辞めた後に保険を扱わない人です。(例えば、私のような人です。)

保険を扱っている以上、お客さんが申し込んでもらった手数料でお給料が変わります。どんなに人間が出来ている人でも、それが仕事となればお客さんの利益、自分の利益、会社の利益の全てを追うでしょう。そして、結果として、一番にお客さんの利益を考えられない人も出てきてしまいます。お客さんが迷いなく「これいいね!」と思えるなら問題はありません。でも、もし迷った時に相談する相手が、そういう立場の人で正解なのでしょうか。

保険という知識は得た上で、保険のしがらみがない人に聞くことほど有益な情報は無いと思います。

 

各社商品どんな特徴(短所)があるのか、いくつか書いていこうと思います。

・医療保険 がん保険が強い。他の種類の保険は扱っていない。もしくは特約で付けている。

・保険料も安く保障も手厚いが、80歳85歳以降は保障が終わってしまう。高齢社会にミスマッチ。

・貯蓄型の保険は強いが、医療保障が入院○日目からしか保障されないなど時代遅れ。

・全体的にバランスが良い商品が揃っているが、他の会社と比べて特徴的・魅力的な商品が無い

・バブルの頃から(もしくはもっと前から)変わらない商品を売り続けている。進化していない。

・保険料も安く保障も手厚いが、その分保険金の請求も多く、支払余力(会社の蓄え)が低い

・業界一位二位を争う優れた商品がある。その商品目的で検討している人に、他の商品を抱き合わせて申し込みしてもらうことが狙い。

・更新型の保険を扱っている。更新毎に(=年齢が上がる毎に)保険料が上がることを具体的にお客さんに伝えていない。保険料が上がり過ぎて、保険を続けられない人が出てくる。

知識がないのにFP(ファイナンシャルプランナー)と名乗る募集人がいる。

など…ですかね。

 

長所はこちら⇩

【日本社】は日本の会社というだけで安心感がありますし、よく社名を見聞きするので慣れ親しみがあります。大株主で自社ビルも多く所有しています。(テナント業含む)←日本経済に影響力を持っています。[面倒見の良いセールスレディーが多い。]

【外資】は運用が得意です。お客さんから集めた保険料を殖やすことが得意です。海外の運用のノウハウを使用しています。その技術をお客さんにも提供しているので、運用型(貯蓄型)の商品が強いです。[FPと名乗り、ライフプランニングをしてくれたり、お金の知識を教えてくれる。]

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

主契約と特約

生命保険の内訳として、【主契約】と【特約】があることをご存知でしょうか。

業界ではよく車に例えられるのですが、【主契約】は車本体で、【特約】はナビやオーディオやシートやタイヤ・ホイールなどのオプションでグレードアップ出来る物という感じです。ちなみに、私はゴールドペーパードライバーなので車のことは詳しくありません。

 

例えば、【主契約】が死亡保障で【特約】が医療保障だとします。途中で、『子どもが大きくなったから、死亡保障は無くて良いよね。でも、これから高齢になっていくから医療保障は残したいね。』となったとします。

でも、【主契約】死亡保障の上に【特約】医療保障が乗っているので、死亡保障を解約したら、医療保険は同時に無くなります。もし、単独で医療保険を残したければ、月々払うはずだった残りの保険料をまとめて一括で払えば続けられる場合もあります。これが、親切か不親切かは人によるでしょう。

「そんなバカな!解約して医療保険だけ入り直す!」と言っても、その頃には持病があったり、保険料が高額だったりで断念せざるを得ないケースがあります。

【主契約】死亡保障【特約】死亡保障 の場合もありますし、【主契約】医療保障【特約】医療保障 の場合もあります。他にも様々な組み合わせがあります。

そこで注意していただきたいのが、一番欲しい保障が【主契約】かどうかです。もし、一番欲しい保障が【特約】の場合は、それは良い保険とは言えません。

一般的に【特約】は後から外すこともできるし、新たに追加することもできます。(注:健康状態によっては追加不可の場合もあり。)

【主契約】【特約】まるっとセットで気に入っている場合や、【特約】が期間限定で欲しいという場合は良いと思います。しかし、将来の変化に合わせて取捨選択したい(=見直しがしたい)と考えているなら、死亡保障のみ、医療保障のみという風に、少し手間ですが別々で契約されることをおススメします。

セット商品があるなら、大体の場合、単品商品もあります。

商品のバリエーションを揃えていない保険会社も中にはあるので、同じ保険会社(ブランド)で揃えたいとなると、叶わない場合があるかもしれません。これは個人的な意見ですが、セット商品しか売っていない保険会社は時代遅れだと思います。昔はセット商品が主流でした。しかし、現代は生活スタイルが多様化しているので、保険商品もその多様化に対応していくべきだと考えます。

 

そして、【主契約】【特約】で気を付けていただきたい点がもう一つあります。保険料の内訳です。

例えば、月々の保険料が10,000円の契約の内訳を見たら、【主契約】3,000円【特約】7,000円 だったとします。

…バランスおかしくないですか?【主契約】【特約】の金額の内訳が逆でも良いくらいです。

車で例えれば、『要らないオプション付けられてませんか?』『車本体よりオプションの方が高くないですか?』ということです。

今、保険を契約している人は一度【保険証券】を見てみると良いですよ。わかりにくいから読みたくないという人もいますが、保険料の内訳は【主契約】何円【特約】何円 と比較的わかりやすく書いてあるので、見つけられると思います。

【特約】がいくつもある契約は足し算して合計金額出してくださいね。これも、私の個人的な意見ですが、【特約】が複数ある時点で、要らないもの付いている可能性高いですよ。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

生命保険の種類

保険会社の得意分野を説明する上で、まずは保険の【保障の種類】を知ってください。

死亡保障…死ぬことのリスクに備える。(高度障害も含まれる商品あり。)

医療保障…病気・手術のリスクに備える。(がん保険も②に該当)

老後・貯蓄保障…長生きのリスクに備える。教育費などのまとまったお金が必要なイベントに備える。

ここで言うリスクとは、『今まで通りの生活が出来なくなる』ということでしょう。

(個人年金保険は③に該当しますが、他の保険とは全く仕組みが違うため、後程説明します。)

 

そして、さらに【保険(構成)の種類】が3つあります。(保障される対象が自分の場合)

⑴定期保険…保障の期間内で亡くなった時に家族がお金を受け取れる。(=死亡保険金)  自分は受け取れない。

期間を過ぎたら保障は無くなる。掛け捨て(=お金が戻ってこない)  途中解約も同様。 ⑵⑶に比べてかなり安価

⑵養老保険…満期になったら保険金を受け取れる。(=満期保険金)  満期以前に亡くなった場合は、死亡保険金を家族が受け取る。

【満期保険金>支払った保険料の総額】が基本だが、運用成果が満期保険金を変動させる商品は保険料の総額を下回る可能性がある。

途中で解約した時には解約返戻金が受け取れるが、早期解約の場合は受け取れないことがほとんどである。(注意※1)【満期保険金>解約返戻金】

満期保険金か死亡保険金、もしくは解約返戻金(注意※1)いずれかを受け取れる。

⑶終身保険…期間が定まっていないので、亡くなった時に家族がお金を受け取ることが保障されている。同様、途中で解約した時には解約返戻金が受け取れるが、契約してからある一定期間が過ぎている(長期)と【解約返戻金支払った保険料の総額】となっている場合がある。

死亡保険金か解約返戻金(注意※1)どちらかを受け取れる。

⑴⑵⑶で保険の商品は作られています。

 

死亡保障⑴⑵⑶の全てが該当します。目的に応じて使い分けてください。

医療保障所定の入院・手術に該当した時に保険金が受け取れます。掛け捨てです。(と仕組みは同じ)

この期間健康だったらお金が受け取れるという商品がありますが、保険会社が利益を得たのでお客さんにも還元されたと考えてください。必ずお金が受け取れるという商品は、医療保障と運用商品の2つを買ったと思ってください。保障の内容の割に保険料が割高であると思われます。

老後・貯蓄保障⑵⑶が該当します。もし③貯蓄のつもりで契約したのに掛け捨てだった時は、…騙されてしまいましたね。③目的であまりにも保険料が安い時には注意が必要です。

 

ここで、さらにお客さんを混乱させるのが【セット商品】です。⑴⑵⑶+②医療保障を組み合わせて、1つの商品にしています。

一般的なセット商品と同じで、手間を省き、お安くしてくれたと思われますが、『よくわからなくなってしまう』というデメリットがあります。また、セット商品は自分でカスタマイズしにくいので、自分に多少合わなくても良いかと思ってしまいます。それが「騙された」「こんなはずじゃなかった」に繋がるのです。

 

↓ポチットして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

生命保険の落とし穴

生命保険は『目に見えない商品』ですが、人々が生きていくうえで生じる様々なリスクを軽減させるために考えられた優れた仕組みです。

生命保険を毛嫌いしている人も多いと聞きますが、世界的には日本は【保険大好きな国】と認識されているそうです。そのくらい保険の加入率が高いです。

その為、莫大なお金が保険会社に移ってきます。それを扱う保険会社は【公正】で【透明性がある】ことが求められるでしょう。金融庁もお客さんを守る為の法律やルールに基づいて監視をしてくれています。

では、『どの保険に加入しても安全だね』となりそうですが、そうはならないのです。それこそが落とし穴なのです。

はっきり言ってしまいますが、【公正】で【透明性がある】ように見せていて、水面下では保険会社だって利益を出す為に必死だということです。特に、日本人の押しに弱い性格、判断をしたがらない他力本願なところ、お金の知識が低いところにツケ込んできます。

 

保険に加入していて、『困った状況』になったので保険金を請求したのに、「それはこの契約では保障されません。」とか、「故意でないか調査します。」などと言われ、なかなか保険金が支払われないという話を聞いたことは無いでしょうか。

保険金詐欺が保険会社は一番怖いので、他のお客さんを守る意味でも調査をすることがあるし、意外と時間がかかるのも本当です。しかし、結果、ワザとでもなんでもなかったのに保険金が支払われなかった場合は、保険会社が支払いを渋っている可能性もあります。

「契約の時には説明が無かったのに、契約書(=保険証書)に小さな字で書いてあった。」なんていう泣き寝入り事象も耳にしたことがあります。

それもこれも保険会社が利益を追った結果でしょう。そういったことが無いように、金融庁はさらに対応を強化して最近はトラブルが少ないようですが、表面化されていないだけかもしれません。いつ自分がそういった『弱り目に祟り目』のような事態に陥るかわかりません。そして、そういうことを起こす会社と起こさない会社にも分かれます。つまり保険会社によるのだと思います。

 

価格(保険料)や、サービス(保障・保険金)を求めて商品を選ぶことも大切ですが、まずはどこの保険会社の商品なのかが一番大切だと思います。それぞれ、得意分野が違います。それを知らずに契約するのは、どこのメーカーか知らずに車を買うのと同じです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

生命保険の基礎知識

生命保険の基礎知識をわかりやすく説明したいと思います! 頑張ります!

 

まず、保険会社がどのように利益を出しているのか知ってください。保険という商品は形が無いので、どのようにして利益を計算しているのか気になりますよね。具体的には3つに分類されています。(=生命保険の三利源)

◇『死差益』『利差益』『費差益』◇

【差益】ということは、収入と支出の差を計算した時に、収入の方が残ったということです。保険で言うと、お客さんから集めたお金(保険料)が、お客さんに支払ったお金(保険金)より多かったと考えられます。

しかし、社員に給料を払う必要もあるし、他の経費だってかかります。そして、保険会社はお客さんから集めたお金(保険料)が少しでも殖えるように運用しています。株や投資信託、不動産売買・賃貸、企業などにお金を貸して利息を得るなどしています。

日本の保険会社の持ちビルは立派なことが多いです。それは、お客さんから集めたお金でバーンとビルを建てて、自分たちが使うフロア以外を他社に借りてもらい、長期的に見て利益を出すように計算しています。こういった運用が出来るのも、保険はお客さんに長期的に持ってもらうべき商品だと考えているからです。このことは、後からとてもポイントになるので覚えておいてください。

 

①『死差益』…予定死亡率から見込まれた死亡者数よりも、実際の死亡者数が少ない場合に生ずる利益。

このくらい保険金を支払うだろうと保険会社がお金を用意していたが、用意していた金額よりも実際の支払いが少なかったということです。大体の保険会社は多めに支払うお金を準備しているので、『死差益』は必ずと言って良いほど発生するはずです。

②『利差益』…予定利率から見込まれた運用収入よりも、実際の運用収入が多い場合に生ずる利益。

上記に書いたような運用が上手くいった時に出る利益です。お客さんから集めたお金を元金に運用をしているので、お客さんに還元されるべきです。その為、運用利益まるっと全部が保険会社の利益になるのではなくて、予定利率を上回った分が利益になります。

③『費差益』…予定事業率によって見込まれた事業費よりも、実際の事業費が少ない場合に生ずる利益。

この規模の会社でこの売り上げだと、このくらい経費がかかるだろう(このくらい経費がかかっても良い)と計算された金額よりも、コストカットが出来た時に生じる利益です。目標の設定が甘々でなければ、社員たちの努力の結晶なので当然利益となって良いと思います。

 

①予定死亡率②予定利率③予定事業率と説明の冒頭に書いてありますが、この利率は保険会社自体が決めています。聞くところによると、すごい頭のいい人を集めて気が遠くなるような計算をしているそうです。

会社の利益に関わるので、この利率の計算はとても重要です。『死差益』は死亡率のデータが出ているので、それに基づいて計算されているでしょうが、後の2つは保険会社によって計算の仕方は様々でしょう。

【甘く】設定してしまえば、会社のお金は多くなりますが、商品が高額になり、結果、他社との価格競争に負けるかもしれません。【辛く】設定してしまうと、商品は安く出来き、よく売れるかもしれませんが、販売方法を考えないとコストがかさんでいく可能性もあります。会社にとって一番バランスの良い利率を設定することが、会社を守ることにもつながります。

 

何より『保険会社が保険金を支払う能力』を金融庁は監視しています。もしこの能力が低いと、お客さんにきちんと保険金を支払えない危ない会社だと見なされ、最悪営業が出来なくなります。保険会社は『お客さんに支払うためのお金』を別で持っていないといけない訳です。利益ばかりに走っていると自分で自分の首を絞めることになるのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow

高い買い物『生命保険』

生命保険は安いものではありません。(=支払った保険料の総額) 人生において、家の次に高い買い物と言われています。

 

そもそも、生命保険はみんなでお金を出し合って、困った時に困った人にお金をあげようという仕組みです。

困った状況にならなかった人は、奉仕で終わります。『何もなくて良かった良かった。』と快く奉仕が出来れば良いのですが、その奉仕が家を買えるくらいのお金となると失敗したくないと考えるのは当たり前だと思います。

そうは言っても、奉仕=保険料の安さを求めて保障内容を薄くしては、保険金を受け取る確率を自ら下げているようなものです。困った状況になったのに、自分が契約している保険は、【もっと】困った状況にならないと保険金が出ないとか、保険金が出ても少額で足しにしかならないなどでは意味がありません。それなら、生命保険を契約しない方が良いのかもしれません。

 

生命保険が必要か必要でないかを考えることは大切だと思います。

万が一が怖いので家族の為に必要だと思う人もいるでしょう。長い入院でお金がかかったという経験をした人は、必要性をより感じるかもしれません。

また、家を買う時は、団体信用保険という生命保険に入らないとローンが下りないこともあります。借金をしている人は、万一自分が亡くなっても借金が残らないように生命保険で準備をしておくべきです。

 

余り考える猶予をくれないのは、生命保険は『健康』でないと加入できないからです。病気だとわかっている人が生命保険に入りたがるのは当然です。困っているのだから助けて欲しいです。けれど、そんな人ばかりが生命保険に加入したら、【 保険料 < 保険金 】になってしまい仕組みが崩壊します。(今は、持病があっても入りやすい保険が有りますが、保険料は通常より高く設定されています。)

健康な時に、健康でなくなるかもしれないことを想像して、困った側に回るのか奉仕の側に回るのかは賭けで、安くもない保険に加入するのは、なんてストレスフルなんだろうと思います。

「誰かに自分にピッタリの商品を教えてもらいたい!」という心理になって当然です。そんな難しい判断をしたくないのが人間の性です。

ですが、冷静に考えてみてください。自分に合っているかどうか、一番わかるのは自分自身のはずです。どんな商品があるかなんて知らないので、誰かにアドバイスを貰うのはとても良いことですが、手綱はしっかり自分で握ってください。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow