名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

クレジット=信用

クレジットとは『信用供与』=信用して貸し付けをするという意味があります。

『お金を貸す』立場になって考えるで、一番の心配事は『貸したお金が返ってこないかもしれない』ということだと書きました。

通常お金を貸す時は、担保になるものを設定して、お金が返ってこなかったら、担保品で損失分を補てんします。

しかし、クレジットカードは信用してお金を貸すカードなので、担保は必要ありません。

逆に言ってしまえば、もし、延滞や返済不能となった時には、カードを使っている人の信用が著しく低下するということです。

 

この情報は、金融機関で共有され、いわゆるブラックリスト(信用保証情報)と呼ばれるものに載り、その後の貸し借りを制限されます。

つまり、住宅ローンが組めなかったりします。(家族に延滞や借金があることがバレたりします。)

しかも、延滞をしていなくても、短期間に複数クレジットカードを作ったり、カードローンを組んだりするだけでも、ブラックリストに載ってしまいます。

また、制限能力はないけれど、やんわり借入れを断るリスト(要注意リスト)も存在していると聞きます。審査に通らないという人は、どこかで信用情報に傷が付いている可能性があります。

 

ブラックリストに載ることを(信用)事故と呼びます。なんか加害者みたいで嫌な響きですね。

クレジット=信用 を担保に買い物をするのは、実は怖いことなのです。

 

クレジットカードは後払いです。(デビット機能を除く)

ついうっかりカードで買い物をしたことを忘れ、引き落としになる口座にお金が足りないと、延滞になります。1回くらいではブラックリストには載りませんが、延滞金がかかることがほとんどです。2回3回と延滞していると、あっという間にブラックリストに載れます。

ついうっかりなんて、誰にでもあると思います。だから「1回引き落としが出来なかったくらいで延滞金を取るなんて!」という気持ちになりますが、後払いの上に、引き落しが出来なかったので、立派な延滞な訳です。物(サービス)はずいぶん前に手に入れてるのですから…。そのことをすっかり忘れてしまっていることこそがクレジットカードの魔力なのでしょうね。

 

(信用)事故には大きく分けて、【延滞】【代位弁済】【債務整理・自己破産】【強制解約】があります。

【代位弁済】は、債務者以外の第三者または共同債務者の一人が、債権者に対して、債務の弁済を行うことをいいます。…難しいですね。

住宅ローンを借りる時に、信用保証協会が保証してくれることがほとんどですが、『返済出来なくなったら、保証協会が本人に代わって返済をする』というのが主なケースでしょうか。

(↑全額+遅延損害金を払う必要あり)

 

注目していただきたいのは、【強制解約】です。クレジットカードの普及で近年身近になってきています。 

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

『お金を貸す』立場になって考える

お金を借りることを想像したことがある人は少なくないと思います。

では、お金を貸すことを想像したことがある人はどのくらいいるのでしょう?

『貸したお金が返ってこないかもしれない』…一番の心配事は貸した方が損をするというリスクです。だから、「お金の貸し借りはしちゃいけない。」「お金をあげる覚悟で貸さなきゃいけない。」などとよく言われます。

個人間の貸し借りはトラブルも多いので避けたいですよね。

 

世の中にはお金を貸すことを生業にしている職業があります。それは【金融業】です。手数料収入等もありますが、一番の収入源はお金を貸したことによる利息です。

『他人のふんどしで相撲を取る』とはこのことで、他人の物を利用したり、他人に便乗したりして、利益を得ています。

つまり、貸せるだけのお金さえあれば、自分に才能が無くても、他人の才能を利用したり他人のビジネスに便乗してりして、利益を得られるということです。

もちろん、それはとても大事な役割です。どんなビジネスでもランニングコストは付き物なので、お金を貸してもらえるからビジネスを始めることが出来るのです。

借りた側と貸した側のお互いが成長していけばWINWINの関係です。逆に、借りた側の業績が悪ければドラマのような泥沼もあり得ます。

 

個人でもお金が入用な時があります。そんな時にも【金融業】はお金を貸してくれます。

借りる側前回のブログでも書いたような、物やサービスを先に手に入れたい理由があります。

貸す側は、単純に利益になります。いかに支払う利息を意識させずにお金を借りてもらおうかと、あの手この手で工夫をしています。借りる側の心理をよくよく研究しています。

クレジットカードは普通に使っていたらメリットしかないように見えます。現金フリーで、支払いもまとめて後日精算、何を買ったか明細も見れてすごく便利です。おまけにポイントも付いて、還元などのサービスも受けられるときたら、いったいカード会社になんのメリットがあるんだろうと思っていました。

でも、一度でもリボ払いの便利さを体感し使い続けてしまったら、おなたは上顧客様です。

それをわかった上で上手にカードを使う人と、そうでない人がいるので、カード会社の商いは成り立っています。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:お金
  • Author:FP-flow

お金を借りて買い物をする心理

なぜ、お金を借りるということが発生するのか…『欲望が勝ったから』と言ってしまえば説明がつくような気がしますが、複雑な心理状況によりその時は合点がいったからではないでしょうか。

ドットのライン素材(緑)

欲しい物があったとします。今流行の服です。手持ちのお金では買えません。もちろんATMに行っても残高はありません。でも、絶対欲しいのです。今度の休みにこの服を着てデートをする自分がリアルに想像できます。

自分のお給料から考えて、あと3か月後には買うことが出来るでしょう。3か月間無駄遣いをしなければ大丈夫!と心に決め、クレジットカードで購入しました。

ドットのライン素材(緑)

このようにクレジットカードを持っていれば、欲しい物を手に入れることができます。

お金を貯めてから買いに行くと売り切れていて無かったという経験がある人は、余計に今買おうという気持ちになります。

 

物だけではなく思い出にもお金を使います。例えば旅行費用をクレジットカードで支払い、お金が足りなかったので後からリボ払いにするということもあるでしょう。

貯金で旅行することがベストなのでしょうが、『行ける時に行かないと』というスケジュールも重要ですし、旅行先でしかできない事や物についついお金を使ってしまいます。機会を優先し、お金の方を調整したということになります。

 

同様に、マイホームも何年も貯金をして全額現金で用意するのではなく、多くの人が住宅ローンを組んで先に手に入れます。家は手に入れることが目的ではなく、実際に住むことが目的なので、住宅ローンを組むことの方が合理的と言えるでしょう。

 

利子を払うというデメリットはあるが、先に欲しい物を手に入れたメリットの方が大きければ、お金を借りることは問題ない

むしろ、時間を有効に使えています。

 

では、なぜ借金地獄と言われるような返済に苦しむ事態になるのでしょうか。それは『無駄遣いをしなければ大丈夫』という決意を裏切り、次から次へ買い物をして、何の請求がまだ支払っていないのかも把握していないという状況に原因があるのではないでしょうか。

『思った以上に借りていた。』『知らない内に利息が膨らんでいた。』とよく聞きますが、自分自身でも麻痺してわからなくなったということです。利息が発生することへの抵抗の無さも問題です。これは借りる側の意志の問題だけではなく、お金を貸す側や販売側のテクニックの影響も大きいと言えます。

逆に言えば、支払いを再度管理し直して、利息の知識を得たら、苦しい状態から脱却できると考えます。

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

  • Category:お金
  • Author:FP-flow

お金と心 まとめ

心理学的見地からの『偏り』とお金との関係を書いてきました。これまで書いたもので全てではないですが、挙げればキリがなく、掘り下げれば奥深く、様々な解釈もあるので、一旦ここでまとめようと思います。

何が言いたかったかというと、収入や家族構成だけでなく、物事をどのように考えるかでひとりひとり『お金の接し方』が違うということです。

どのようにお金に接しているかを、本人が自覚していることもありますが、大半が自覚していないということが問題だと思うのです。自覚していないがために予測できないトラブルに見舞われて、ストレスを増大させてしまうのです。

ストレスこそが良いお金との関係を遠ざけ、悪いお金との関係を引き寄せると私は信じています。

 

『偏り』は『無意識なこだわり』に近いと思います。

ブログを読んでもらって、「あ~確かにこういう考え方は自分にもあるな。」や「これは無いわ。」「これは分かる。」など思ってもらえれば嬉しいのです。自覚さえできれば、自分に合った対策が自分自身で立てられるようになります。完全に自覚するなんて無理な話ですが、1つでも2つでも増えれば、それだけ幅は広がると思います。

他人の意見やアドバイスに過剰に反応することが無くなるかもしれません。(ex.反論したり、拒絶したり、鵜呑みにしたり、見栄を張ったり、誤魔化してみたり…) また、他人のことをより理解できるようになるかもしれません。

この他人には当然家族も含まれます。生計を1つにしている相手なら、すり合わせ・譲歩ができる関係が望ましいです。意見のすれ違いから、不信、腹の探り合い・騙し合いなんてことが始まって、家庭こそが戦場になったら大変です。

自分や他人の『お金の接し方』がわかって付き合えれば、こんなに良いことないと思うんですけどね。プライベートなお金の話は伏せる的な日本の考え方は奥ゆかしくて良いのかもしれませんが、距離の近い者同士にはどうなんだろうと思います。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

こだわりを逆手に取る

【メンタル・アカウンティング】とは、お金にを付けてしまう、自分の裁量で分類してしまうことでしたね。

実際のお金は1,000円なら1,000円の価値でしかないので、この1,000円には特別な価値があり、この分類のお金には意味があるということはありません。他人からしてみたら『そりゃそうだろう』と思いますが、自分自身の中ではよくあるルールです。

自分ルールは、合理的な判断を出来なくする恐れがあります。しかし、私が大好きな考え方の変換、【こだわりを逆手に取る】考え方をするだけで、これほど有効なルールもないと思うのです。

 

◇自分で稼いだお金の価値は高く、人から貰ったお金の価値は低いなら、『まず、自分で稼いだお金から』使えば良いのです。

◇苦労して貯めたお金の価値は高く、普段使う通帳(銀行口座)やお財布の中のお金の価値は低いなら、『まず、貯めたお金から』使えば良いのです。

◇自分のお金の価値は高く、人から借りたお金の価値は低いなら、『まず、自分のお金で返済して、残りのお金で生活』すれば良いのです。

 

人から貰ったお金は、ついつい使ってしまうので通帳に入金します。(←敢えて手間を増やす。)

もし、他人からお金を借りたなら、まず1回目の返済分を自分のお金から用意しましょう。(←『このお金だけは最後の砦だ』と思っていたお金で返済する。別で取っておく。1回目の返済が無事に出来ると、その後も延滞しにくい。)

『借りたお金』はそのまま現金で持たずに、一旦通帳に全額入金します。入金してから必要な金額を引き出してください。(←引き出す金額が少なくなる。1度自分の通帳に入れると価値が上がったように錯覚する。)

毎月の給料の中から生活費を出すのではなく、貯金の中から生活費を出します。「え~。せっかく貯めたのに…」と思うことが重要です。でも、実際には1円も損していません。

 

↑こう考えるようになったのには、ちょっとしたきっかけがあります。

新入社員の頃、みなさんもご経験のことと思いますが、社会の洗礼を受け、急に大人になることも出来ず精神的にも肉体的にも辛かったことを覚えています。その代償がこの給料なら簡単に『使えない』と思ったのです。その間、学生時代に貯めた100万円を使って生活していたのですが、せっかく貯めたお金を使う罪悪感はかなりありました。

結局、2年ほど給料に手を付けなかったです。貯金100万円を使い切って通帳を見てみると3倍ほどの金額になっていました。けれど、頑張って貯めたという実感はありませんでした。

本来であれば『苦労して貯めた100万円の価値は高く、毎月入ってくるお給料の価値は低い』となるところを、逆の行動をしたことで、当初の100万円を超える額が自然に貯まったという訳です。

貯金があるから大丈夫と給料を全部使っていたら、貯金は100万円のままだったことでしょう。

 

某銀行の『貯金連動型住宅ローン』は、まさに【メンタル・アカウンティング】を使った面白い商品だと思います。

普通預金の残高分は、住宅ローンの金利がかからないという商品ですが、ローンを組んでも、ある程度手元にお金を残しておきたいという人間心理をついています。

実際には残高分を返済したのと同じですが、有事の際に手元にお金が無くて金利の高い借金をする事態を避けられるし、住宅ローン減税に効果的ですね。デメリットは、借金の額が大きいので社会的信用に影響があることと、結局返済が長引く可能性があるということですかね。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

同じ金額だけど…

① あなたはあるスポーツ観戦のチケット(5,000円)を買っています。 ところが、会場でそのチケットを忘れたことに気付きました。当日券も5,000円で売っています。あなたはこの当日券を買いますか?

② あなたはあるスポーツ観戦のチケット(5,000円)を買おうと思っています。 ところが、財布に入れていたはずの2万円のうち5,000円を無くしたことに気付きました。あなたはチケットを買いますか?

 

上記の質問はカーネマンとトヴェルスキーという人が行った実験だそうです。①も②も経済的なロスは同じなのに、①の場合は46%の人が購入すると回答し、②の場合は88%の人が購入すると回答したのだそうです。

①と②で42%の差が生まれたのは、①は『結局このチケットを手に入れるのに1万円かかるのか』と考えたため数値が下がったと言われています。

【ものは良いよう】によって行動まで変わってくるのが、【メンタル・アカウンティング】です。

『このチケットに1万円の価値があるのかどうか』ということを考えるかもしれません。

また、①は1万円を娯楽・趣味代に使うことになるので、さすがに使い過ぎだと考え、再度チケットを買うことを躊躇したという人もいると思います。しかし、②であれば、無くした5,000円を娯楽・趣味代に分類することはないので、チケットを買うことを使い過ぎだとは考えないのでしょう。

お金を1つの容器に入ったものとして考えずに、別々の容器に入ったものとして考えるのが、【メンタル・アカウンティング】の特徴です。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

お金に色は付いていない

お金に色は付いていないとわかっていても、私はお金に色を付けたい派です。

苦労して稼いだお金は使えなくて、楽しく稼いだお金はすぐ使ってしまう傾向があります。ラッキーで手に入れたお金や、お小遣いで貰ったお金はすぐに使ってしまいがちです。

ただ、場合によっては、『このお金は○○するためのお金』と色付けすることで、非合理的な結果を招くことがあります。

『借金があるけれど、長期休暇に旅行するための資金を貯めている。このお金とそのお金は別物!』…旅行のための費用も借金返済に充てるべきです。

また、車のローンや奨学金返済が残っているけれど、ご家族が亡くなった死亡保険金を、『大事なお金だから』とローン返済に充てられないと言う人もいました。…金利がかさみ、いずれは大事なお金まで圧迫します。

 

このように、使い道出所といった【主観的】な判断基準によって、お金の取り扱い方を変えている状態を【メンタル・アカウンティング】と言います。

【メンタル・アカウンティング】は【心の会計】とも呼ばれ、人の視野を狭くして合理的な意思決定をすることを妨げてしまいます。

 

他の例も載せておきます。

□ 競馬において、馬券の購入に関するデータの分析をし、賭け方の傾向をみると、1日の終わりが近づくにしたがって大穴狙いが増える

お金には本来『1日』『今日限り』という区切りは無いはずなのに、コスト感覚が狂って危険な賭けに出やすくなるそうです。

□ 赤字事業なのにやめられない。

様々な理由があると思いますが、その1つに既に支払ってしまって取り戻すことのできない費用をどうにかしたいと考えてしまい撤退できなくなります。

□ ポイントカードやクレジットカードのポイントのために余分な買い物をする。

ポイントが付くと思うことで出費の罪悪感が減ります。ポイントが貯まること自体が楽しくなってしまう場合も…。

□ パチンコや株などで儲かった利益をパァーっと使ってしまう。

アドレナリンが出ているのも関係しているかもしれません。『喜びを噛みしめたくて』『みなさんに分配しなくちゃ』などと言って使ってしまいます。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

理想の月収¥貯金額¥

前回【アンカリング効果】​の説明をしたので、私もアンカーをおろしてみようと思います。

(※カテゴリー変更しました。お金と心理学→お金)

 

¥ 理想の【月収】

1か月、年齢-10くらいは貰いたいよね。』(※30歳以降)←これは私もすっかりアンカーをおろされてしまった同士の言葉です。

世帯主の手取り:男性は『年齢-10』 女性は『年齢-15』

【30歳】 男性20万円 女性15万円(←※20代は30歳と同じくらい)

【35歳】 男性25万円 女性20万円

【40歳】 男性30万円 女性25万円

【45歳】 男性35万円 女性30万円

【50歳】 男性40万円 女性35万円

【60歳】 男性50万円 女性45万円 

いかがですか。貰えていますか。またその年齢になった時に貰える見込みはありますか。正社員であれば可能な数字だと思います。ボーナスの有無でも差が付きます。

非正規やパート・時短や週5勤務未満の人はクリアするのはかなり難しいと思います。【非正規雇用が4割を超えた】今、格差は広がるばかりです。

 

給料で勝てなくても貯金額で勝つのはいかかですか?

¥ 理想の【貯金額】

『年齢-22×100』 22は四年制大学を卒業した新社会人の年齢(×100は単位調整)

【25歳】   300万円

【30歳】   800万円

【40歳】 1,800万円

【50歳】 2,800万円

【60歳】 3,800万円  

【65歳】 4,300万円

つまり、【10年間 ⇒ 1,000万円】貯める計算になります。【1年間 ⇒ 100万円】【1か月 ⇒  約8.4万円】【1日 ⇒ 約3,000円】です。

全て現金で持っている必要は無いですよ。だって財産です。【売却額-ローン=○○○万円】が見込めるなら貯金額に加えてください。また、退職金がある人は、その金額を見込んでください。

 

数字にするとアンカーをおろすことが容易になります。説得力はありましたでしょうか。

他人に影響されることは素晴らしいことだと思います。参考にしたり反面教師にしたりして、考え方の幅を広げてください。しかし、無意識にコントロールされるとなると行き過ぎです。最終的には自分でアンカーをおろすことが重要です。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

  • Category:お金
  • Author:FP-flow

影響を与える側か、受ける側か。

指標となる『数字』の提示は、後の判断に影響を与えることを前回のブログで取り上げました。

具体的な金額を提示すると、その金額の周辺でしか評価できなくなる【アンカリング効果】という現象がある訳ですが、考え方によってはとても【使える】現象です。

 

船の自由がきかなくなるから錨をおろすことが悪いかのように聞こえますが、【アンカリング効果】は別に悪いことではないと思います。指標となる『数字』が無ければ、判断なんて常に『当てずっぽう』『運任せ』になってしまいます。

そこで重要なのは、『自分の意志でそこに錨をおろしたのか、他人のアドバイスでそこに錨をおろしたのか』です。

例えば「ここは良い漁場です。錨をおろしましょう。」とアドバイスされて、「お、良いね。」とその通りにすることもあるでしょう。そして「しまった!こんなところに留まるんじゃなかった。もっと、向こうだった。」と後悔することもあるかもしれません。

しかし、そのような経験を繰り返すうちに、「あっちも調べてから…」と最終的には自分の意志で錨をおろしていくようになります。特に、自分と利害関係がある人からのアドバイスには、少し間を置けるようになっていくのです。

自分で錨をおろすと、『怪しい壺を高額で買ってしまう』などのリスクから遠ざけ、自分の判断に自信が持てるようになります。一定範囲から動けないことを逆手に取った【使える】現象です。

 

ここで【注意】をしたいのが、自分と利害関係のない人の発言で、思いがけず錨をおろしてしまうことです。誰かと言うと、家族や同僚、友人などです。

彼らが発する『数字』にはとても影響力があり、親しい間柄のせいで、その『数字』にどんな印象を持っているかというイメージまで伝染させます。

「このカバン2万円なんだ。セール中だけあって安いね。買ったら?」「ご飯行こうよ。このお店 5,000円で食べ飲み放題なんだよ。」と言う友達と頻繁に遊んでいたら、財布の中身があっという間に空っぽになったという経験をしたことはないでしょうか。

また、「このティッシュ298円もしたの? あのお店なら同じものが198円で買えるのにもったいない!」と言われて、必要な物を必要な時に買うことをためらうようになった。『もの』をストックするようになった。…という経験はありませんか。

彼らの発言のおかげで、自分の錨なのか誰の錨なのか混同してわからなくなってしまうのです。自分の金銭感覚が正しいのかわからなくなり、ブレにブレまくる恐怖の状態です。

 

付き合う相手はとても重要です。金遣いの荒さは知らず知らず伝染します。ケチも同じです。

しかし、金銭感覚が合わないという理由だけで、関係を切るのはもったいないですよね。大事なのは、相手に錨をおろさせないことです。

自分から先に『数字』を提示し、感想を付け加え、相手にこそ影響を与えてやれば良いのです。

相手の方が【発言力】や【求心力】があって難しいなら、『この人は自分より金遣いが荒い。1日2,000円は無駄に使う』『月収が5万円も違う』などの錨をおろしてしまうことです。その為には、情報を手に入れ、分析して数値化する必要があります。苦手と言わずにやってみましょう。そうすれば、思いがけず何かを言われても、自分が一定範囲から出られないので、上手く対応できる可能性が高まります。

それも上手くできそうに無いなら、距離を置く、会う回数を減らすしかないでしょう。

 

もう一つ重要なことは、『見栄を張らない』ということです。相手と同じ高さにいたいと思うことをやめるのです。同じでいたいから、相手の発言で錨=アンカーがおりてしまうのです。

自分は自分です。相手の船は一回りも二回りも大きくて頑丈かもしれません。ただの小さなボートかもしれません。自分の船を守れるのは自分だけです。

 


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

数字に束縛される人

『数字』は、なにか評価をする時にイメージがしやすく、伝わりやすいのでよく使われます。

順位(ランキング)や平均値をすぐ出したがる世の中だと思います。判断の指標となる数字を、多くの人が求めているからでしょう。『もの』の値段にも同じことが言えます。

 

その指標となる数字は、後の判断に影響を与えると言われています。

例えば、スーツを新調した同僚に「このスーツ、いくらだと思う?」と聞かれたら、どう答えますか。

「スーツ 画像」の画像検索結果

人によって答える金額にかなりの差が出ると思います。

しかし、「このスーツ、5万円より高いと思う?安いと思う?」と聞かれた後に、「いくらだと思う?」と聞かれると、5万円に近い金額を答え、「このスーツ、3万円より高いと思う?安いと思う?」と聞かれれば、3万円に近い金額で答える傾向があります。

これを【アンカリング効果】と呼びます。

船の錨(いかり)の【アンカー】が語源で、船は錨をおろすと動ける範囲が限定されてしまうように、○万円という値段の提示という錨に、人間の思考の範囲が限定されてしまったという訳です。

 

テレビショッピングなどでよく耳にする、「通常価格 55,000円のところを、今なら 39,800円!!さらに、今から30分以内にお申し込みの方は、1万円引きの特別価格 29,800円でお求めいただけます!!」というようなフレーズは【アンカリング効果】を狙っているのかもしれません。そして、アシスタントの人が、すかさず「安い!!」と言ったりするのもポイントだったりします。

要は『29,800円で販売している』ということなのに、最初に 55,000円と言うことで、指標の金額より安くなって、もっと安くなったと印象を与えることが出来ます。後の判断に影響を与えまくっています。

途中から、『もの』自体よりも、価格の方に神経が向いてしまうんですよね。そんな時は「ああ、これはセールストークだから、冷静に金額と本体の価値を見極めよう。」と思えれば大丈夫です。あとは『本当に自分が欲しいものなのか』ですね。

この【アンカリング効果】ですが、セールストークよりも厄介な事案があります。それは、次回お伝えします!

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重