名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

2020年01月

欠陥住宅

リーマンショック後、約700万人いた建築業の職人さんが約200万人も減ったというニュースを見ました。平成28年のデータですが、『最近の建築産業と技能労働者をめぐる状況について』国土交通省(PDF) でも同内容を確認できます。

とにかく現場監督の人数が足りないらしいです。現場監督になるには知識・経験・資格が問われます。すぐに補充がきく職業ではありません。

 

人手不足に比例して ここ十年で増えているのが欠陥住宅 です。

消費税増税や住宅ローンの低金利等、家の購入を考えるタイミングがありましたが、せっかく手に入れたマイホームが欠陥住宅では元も子もないですよね。

ニュースでやっていた注意するポイントを書いておきます。(抜粋)

□ 契約を急ぐ業者は怪しい。

□ 建売住宅は購入前に住宅診断を依頼する。

□ 注文住宅は時間をかけて打合せをする。営業担当者ではなく建築士と打合せすることが基本。(←実務上は難しいので、重要なところを建築士と打合せする)

 議事録を渡してくれる業者は信用が出来る。 そうでない場合は、自分で記録を残すようにする。 【言った言わないがトラブルの元】

□ 新築マンションは建ってからでないと瑕疵を確認できないが、完成前に売切れることがほとんど。 10年以前完成のマンションをリノベーションすることも候補に入れて。

□ 土地・立地を確認する。(土地は以前、砂地や沼地であった場合は杭を深く打つなど、決められた基準がある=地盤改良工事)(マンションは駅から徒歩7分以内が良い)

 ⇧ 私も同意見です。◇住宅ローンが残っているのに家を手放す

住宅の基礎工事のイラスト

私個人の意見を1つ加えさせて頂きます。​

□ 建築に詳しい人と知り合う。

(私はFPの6科目の中で不動産が一番苦手ですが、建築に詳しい家族・友人に支えられています。)

 ① ライフプランニングと資金計画
 ② リスク管理
 ③ 金融資産運用
 ④ タックスプランニング
 ⑤ 不動産
 ⑥ 相続・事業継承

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:
  • Author:FP-flow

奨学金がなかなか返せない

『学歴は関係ない!』とは言い切れないのが日本社会です。もちろん他の国でも学歴を重要視していると思います。

さらに重要なのは何を学んだかという中身なのでしょうが、日本は肩書に弱い国の1つと言っても過言ではないと思います。

 

中学・高校卒業後に進学するか就職するか…進学するには学力や資質だけが必要ではありません。お金が必要です。進学時に学費を払えるお金がなければ、多くの人が奨学金を借ります。

一時期、かなり問題視されニュースにも取り上げられていましたが、最近ではあまり聞かなくなりました。それは、返済不要や優遇する奨学金も増えたし、情報が充実したせいかも知れません。また、困っている人ほど声を上げないからかも知れません。

 

(↓ここからは大学進学について)

一般的な『日本学生支援機構』の奨学金のおさらいですが、全期間無利息の『第1種奨学金』と、在学中は無利息で卒業後は有利息の『第2種奨学金』があります。利息の有無はあるにせよ借金です。

未成年の内から借金を背負う訳ですが、

借金 < 学歴・肩書 であれば問題ありません。しかし、それらは目には見えませんし、将来のことはわかりません。

 

お金が貯まってから大学に行くという選択肢があります。高校卒業、大検合格など条件が揃っていれば、いくつになっても大学受験にチャレンジできます。

でも、同学年の人と同じ時期に大学を目指すのはメリットがありますよね。青春とか就職有利とか…。ということは、言い換えれば 借金して時間を買っている のではないでしょうか。

奨学金を貰った学生のイラスト(男子)貸与奨学金の返済に追われる人のイラスト

時間を買って得るメリット・時間を使って返済していくデメリット…妥当な額&期間がどのくらいなのか考えてみます。

これはあくまで自論ですが、大学に通った年数×2=返済の年数でなければ、せっかく買ったメリットを生かせず借金に苦しむと思います。

【 初年度:約250万円 2~4年目:約160万円 / 私立大学理系はトータル約1,065万円 とする。】  参考:日本政策金融公庫「平成30年度 教育費負担の実態調査」

在学2年 410万円÷4年÷12か月=約8.5万円24歳前後

在学3年 570万円÷6年÷12か月=約8万円27歳前後

在学4年 730万円÷8年÷12か月=約7.6万円30歳前後

在学6年 1,065万円÷12年÷12か月=7.4万円36歳前後(←医療関係等、高給料の職に就ければもっと返済額を増やし早く完済することが望ましい。)

上記計算は利息を含んでいないので、利息を考えて平均 約8.5万円/月 返済していくと大学に通った年数×2で完済できる計算になります。

この金額だと在学中から十分な返済をしていくことが困難なことがわかります。しかし、社会人なってから返していくのもツライ金額です。

例)手取り18.5万円-8.5万円=10万円で生活 (一人暮らしはなかなか厳しい数字)

 

以前のブログの内容と被りますが、在学中に少しでも返済すれば、社会人になってから返済額や返済期間を減らすことができるのでとても効果的です。

むしろ在学中にどのようなアクションを起こすかで、その後の人生も変わってきてしまうということを、私は一番お伝えしたいのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:
  • Author:FP-flow

貯金と運用 どっちが良いの?

運用なんて損するかもしれないから貯金の方が良い!』

貯金なんて低金利の時代に少しも殖えないのだから運用の方が良い!』

というような言葉をしばしば耳にします。貯金派の人は運用アンチ・運用派の人は貯金アンチのように聞こえるのは私だけでしょうか。

 

まずは貯金、しかし運用には時間が必要という矛盾

貯金・運用をする上で必要となってくる金融商品ですが、【流動性】【安全性】【収益性】が重要になります。

【流動性】とは現金化のしやすさ…預入と払戻のしやすさ…要はお金の出し入れがしやすいかです。

【安全性】とは、お金が減るかも知れない、殖えないかも知れない、無くなるかも知れない etc…というリスクをどれだけ回避できるかです。(安全の反対は危険です。)

【収益性】とは、あなたがその行動をすることで、どれだけ利益が出るかです。

 

ここまでは、皆さん知っている、もしくは聞いて納得するのではないでしょうか。しかし、この3つが全て良い商品などどこにもないのです。高い【流動性】が必要なら、高い【収益性】は望めません。【安全性】にも限度があります。

どれかを取ればどれかを諦めるのが通説ですが、使い勝手が良く、決して損をしなくて、実は儲かっちゃう商品を持ちたいと思うのが人間の性(さが)でしょう。

解決策として、一攫千金とはいきませんが、違う性質の商品を複数持てば3つのバランスは自ずと良くなっていきます。

①.png 表①

②.png 表②

※外貨預金はペイオフ対象外

【自分のタイミングでお金を出しても損をしない】表①

今のままの低金利では満足できる利益は見込めないが、家に置いておくより安心の 各種預金

何時でも手数料が取られない タンス預金(←比較として参考まで)

           

【自分のタイミングでお金を出すと損する確率が高い】表②

自分で殖えた減ったを楽しみたい・配当などを期待しているなら

株のリスクを減らしたいなら 債券

日本円だけ持つリスクを減らしたいなら 外貨預金

保障と一石二鳥を狙うなら 積立保険(保障が不要な人には不向き)

上記をファンドという括りに入れて長期に持つことで安定した利益を狙うなら 投資信託

 

どちらから始めるかと言われれば貯金です。

リタイアまで10年以上あり、退職金が見込める or 年齢に応じた貯金ができているのであれば、運用を始めることもお勧めします。(iDeCoや積立NISAに向いている人は是非始めて欲しいです。)

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:
  • Author:FP-flow

貯金ができない②

貯金がしたいのに貯金ができないと悩んでいる人を、貯金ができるようにするのはさほど難しくないと私は感じています。マイナスの家計であってもです。

難しいのは、貯金をしたくない人に貯金をしてもらうことです。

 

貯金をしたくないのだから、貯金をしようとしなければいいのですが、問題は貯金をしたくないのに一方で『貯金をしなくてはいけない』『貯金をしないと後々マズイことになる』『貯金はしたくないが借金もしたくない。でも、欲しいものは我慢できない。』と思っている場合です。※1

 

”貯金は持っていたいけど、貯金をする努力はしたくない”

これが本音ではないでしょうか。貯金ができている人であっても、貯金ができていない人であってもです。

では、なぜ行動に差が出るのでしょうか??

 

答えは【実体験の有無】です。(百歩譲って実体験によるアドバイスも有効)

アリとキリギリスのお話は多くの方がご存じでしょう。アリは冬を起こすためにせっせと働いて、巣に食料を運びます。キリギリスはその時に必要な分を食べ、余った時間は遊んで暮らしました。やがて、厳しい冬が来て食料が捕れなくなり、キリギリスは死んでしまいました…というような内容のお話です。

しかし、アリも最初は大半が飢え死にしていて、生き延びたアリがこれはマズイと気付きストックするようになったのかも知れません。たまたま、ストックしていて生き延びたから習慣になっただけかも知れません。

つまり、【ストックしていて良かった】という実体験がないと、次からストックはできないのです。

アリとキリギリスのイラスト

次に重要なのは【失敗体験】ではなく【成功体験】です。【しなければならない】より【して良かった】の方がより行動の後押しになります。

冒頭で書かせてもらった※1は、失敗体験もしく失敗体験によるアドバイスを受けて、貯金をしなくてはいけないと思っているが行動に移せていない状態です。

これが、成功体験や成功体験によるアドバイスであれば、どんなにワクワクし行動に移しやすいかと私は思うのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:
  • Author:FP-flow

貯金ができない①

貯金ができないと悩んでいる人はたくさんいます。この『貯金ができない』にはとても振り幅があるなぁと常々思います。

①貯金がしたくてもできない。

②貯金をする能力がない。

③目標より貯金ができない。

④貯金をする意味がわからない。

この4つはそれぞれ意味が違うのに、言葉にするのは『貯金ができない』なのです。

 

貯金を学生時代の【勉強】と置き換えるととてもわかりやすいです。

①勉強がしたくてもできない。

②勉強をする能力がない。

③目標より勉強ができない。

④勉強をする意味がわからない。

通帳を見て青ざめる人のイラスト(女性)   テストのイラスト「0点の答案」テストを見て落ち込む生徒のイラスト(女子学生)

テスト前にみんな口々に「勉強してない」「勉強できなかった」と言ったとしても、結果テストの点数が同じではありません。

①②④の人からしたら③の人が言った「勉強してない」なんて、嘘だ!!とか裏切者!!などと思うでしょう。でも嘘をついた訳ではありません。言葉足らずなだけだったか、もしくはそもそも『できない』の次元が違っただけなのです。

①の人は家の手伝いや部活で忙しかったのかも知れません。失恋して精神的に落ち込み、勉強に集中できなかったのかも知れません。しかし、できなかった原因を除けば次はできる可能性があります。

②の人は自分一人では困難でも、誰かが教えてくれたら次はできる可能性があります。

では、④の人は??…勉強をした方が良い、するべきだと教えられていても、そこに意味を見出せないので一番『できる』から遠く感じます。ただ、何かのきっかけで意味を見出せたら次はできる可能性があります。また、興味を持った時にはできたりするのがこのタイプです。限定的で不安定ですが…。

 

自分がどの『貯金ができない』タイプなのかは意外とわかりづらいものです。またタイプが混在している場合もあるので厄介です。

しかし③目標より貯金ができないのタイプの人は自覚しています。その上で「貯金ができない」と言います。その言葉を聞いて、「みんな貯金してないから大丈夫」と思っていたら、蓋を開けたらビックリ!自分だけ貯金が無かったとなるかも知れません。

あなたが少しでも①②④タイプだと思うなら、タイプに合わせた方法で貯金にチャレンジして頂きたいです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

住宅ローンが残っているのに家を手放す

今まで家計がマイナスになって苦しんでいる人に向けてのブログをいくつか書いてきました。リボ払いや車のローンで苦しんでいる人です。

そんなマイナス家計の人の悩みの中でも一番深刻なのが住宅ローンです。

 

未曾有の金融緩和政策が続き、住宅ローンの金利は低いままで、「よし!家を買おう」と検討された人、実際に購入した人は少なくないでしょう。長く低金利が続いていますが、いつ終わりが来るかはわかりません。買い時と考えるのは自然なことです。

ただ、そろそろ家を買おうか…なんて話が出た時のベストな家が、ずっとベストな家になり得るとは限りません。

家は住む人がいてこそ価値があるものです。家族は変化します。一人暮らしで悠々一城の主という人にも変化は訪れます。

また、土地価格は変動します。建物は必ず劣化します。そこそこ満足していても、完璧に気に入った家を手に入れるのは難しく、住んでからも「ここがああだったら良かった…」と思うものです。

 

買う時のポイントは『売れる家・貸せる家』かどうかです。もし、何らかの変化でその家を手放す時に、なかなか売れない・貸せない家では確実に【損】をします。

「賃貸は住宅ローンと変わらない金額の家賃を払って、結局は自分の物にならない」という意見に賛同しますが、家は手放し住宅ローンだけが残ったという不幸に比べたら賃貸はずっと魅力的です。

では、家なんて買わない方が良いのでしょうか?

本当に持家が必要になるのは老後です。年を取ると家を借りることが困難になります。一人暮らしであれば尚更です。ですので、家は購入することをおススメします。

ドールハウスのイラスト

マンション・アパートで大切なのは立地です。一軒家もほぼ同じで土地です。新築の家でも一度住んでしまえば『中古』…他人から見ればもうその建物の魅力は半減してしまいます。

そこを考えずに自分が住むイメージのみで良いと考えて購入するのは危険かも知れません。マイホームという魔力にかかってしまっています。

また、最後は住宅ローンを払えるかどうかが決め手だったりします。それはとても懸命な考えですが、住み続けるということが前提になっています。数年後に転勤になったら?離婚したら?ということまで考えて『払えるか』考えたでしょうか…。

もし世帯主が亡くなっても、住宅ローンが無くなり住み続けられる保険はあります。火災保険や地震保険に入っていれば災害に遭っても多かれ少なかれカバーすることが可能でしょう。しかし、転勤保険、離婚保険、ご近所トラブル保険はありません。

結論から言うと、一生に一度の家という考え方を捨ててください。そして、手放した時に住宅ローンが残るような家の買い方をしないでください。

住宅ローン部分は土地代相当で、建物代と同額のお金は現金で払うという買い方が出来れば理想ですが、簡単ではないでしょう。だからと言って「金利が低いから頭金なしで家が買えますよ」なんて甘い言葉に惑わされないでください。

 

もちろん建物自体に価値がないとは言いません。どこにでもある月並みな家では競争に負け、値段を下げられ悔しい思いをします。建物にこだわるのであれば、中古になっても魅力的であろう家を思い切って買うべきです。

それらを間違わなければ、売って買ってをしても住宅ローンだけが残るということはないと考えます。

中古で買って上手にリノベーションし、また売ってを繰返しても良いでしょう。ずっと賃貸で、後の住処は田舎の家を現金で買うでも良いでしょう。

変化が付きものの一生の中で、どのタイミングで家を手放しても困らないようにしたいものです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

車がきっかけで借金地獄

『車はあくまでも快適に暮らす道具~車に乗らないといけないワケではないぜ Yeah~ だけど好きなんだいいだろ こんなにも愛しているよ And I Love Car…』(From:♪And I Love Car 民生 奥田)

と奥田の民生氏もおっしゃっているように、車には大きく二つの魅力があります。

 

【人を乗せ荷物も乗せ、自分のタイミングで安全かつ速く移動できる】という実用性

【見るも楽し 持つも楽し 運転するも楽し 乗るも楽し】というエンターテイメント性

では、その二つの魅力をお金としてはどう按分(=比例して分ける)すれば良いでしょうか?

 

この按分を間違うと、タイトルにもあるように『車がきっかけで借金地獄』ということになりかねません。特に一人ではなく複数人での家計の場合に陥りやすくなります。

具体的には『交通費』『交際費』『娯楽費』と分けることができます。

 

一人暮らしだとどんぶり勘定になることが多く、総じて家計をマイナスにしない範囲で車を持つことを考えます。

複数人での家計ではなぜか『実用性』が善・『娯楽』が悪となりがちです。「実用性があれば家計からお金を出すのもやむなし、だが、趣味や娯楽であればお小遣い もしくは個人の貯金でお願いします!」

両極性を持った車は出来るだけ多く『実用性』を主張します。戦いの末『実用性』が勝利すれば家計のバランスを崩すこととなるのです。なぜなら車は高価だからです。少しの按分ミスで家計を簡単に圧迫します。

 

でも、好きなんですよね?車  好きな車に乗りたいんですよね?

乗れば良いじゃないですが! 車が家計を圧迫していても私は手放せとは言いません。

 

見捨てた訳ではありません。借金地獄にならないように按分を見直してくれればいいのです。ドライブは行きますか?誰かを車に乗せますか?車で旅行に行きますか? …1回でもあるならきちんと『交際費』『娯楽費』で計上してください。

通勤で車を使っているなら、全額とは言わなくてもガソリン代は出ているはずです。そう考えると、必要経費として計上できるのは税金・車検代・駐車場代+3,000円くらいです。ガソリン代専用の引落し口座を作り、毎月家計から3,000円を貰い、後はメインで車を運転する人が支払ってください。他の家族が使った時は使った分だけガソリンを入れてもらえばいいだけです。

あとは車の本体代金ですね。結局こちらは身の丈に合った金額かどうかで、それ以上は『交際費』『娯楽費』でしょう。

車のライン素材

では、身の丈に合った金額をご参考になさってください。 【年収÷10×5年】

ex) 年収500万円÷10×5年=250万円 (約42,000円/月)

ex) 年収250万円÷10×5年=125万円 (約21,000円/月)

ここから出た金額をメインで車を運転する人が支払えば、その好きな車を買っても良いのです。他の『交際費』『趣味』が多い人は予算オーバーになるかも知れません。そうなれば当然、何かを諦めなくてはいけません。何を諦めるかは自分で決められるのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー