名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

質問回答

一生懸命お答えします。

マイナス金利(1)

マイナス金利(2)

マイナス金利(3) 結論

国の借金(1)

国の借金(2)

 

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

*ラインからお問合せいただけます*

国の借金(1)

こまこまめまめ さん(50代 女性)から、もう一つ質問をいただきました!

ありがとうございます!!

*****************

日本国って借金していますよね。

これって国民から借金?(国民や、企業・・・だから、国民?)

で、国民が負債を追う?

よその国からではないですよね?

国民から借金して国民が負債を背負うっていうのがよくわからないんです・・・。

破たんする前に寿命だとは思っていますけど・・・。

簡単でわかりやすい説明。

よろしくお願いします。(^◇^)

*****************

国の借金って気になりますよね。

 

金額としては、

2015年度末で 1049兆円を超え、

国民一人あたり 約826万円借金を抱えている計算になるとも言われています。

 

 

いつ どんな風に国民に負担を強いるのか不安ですし、納得いかないですよね。

正直なところを言うと、私も詳しいことは知らないです。本当のことはわからないとも言えます。(政府が全て正確に公表しているかも疑問)

諸説ある中の、自分が一番しっくりきていることを書きます。

続く…

国の借金(2)

国の借金の代表は国債です。(=国が発行する債券)

債券は『この時期になったらこの金額に増やして返すから、お金を貸して』というものです。

それが膨らむに膨らんで1049兆円。(2016年5月現在)

今後ももっと膨らんで、『もう返せない! 政治は地方自治体に任せて、国という枠組みを捨てて、国債を紙くずにしよう!』となったとします。

 

そしたら、国債を買っていた人がをします。一番買っているのは銀行なので、銀行に預けているお金が危ない。つまり、私たちのお金が危ない訳です。

すると、最悪の場合、不安に思った国民が、我先に預金を引き出しに行き、前に書いた通り銀行は現金をなるべく持っていたくないので、払い戻しがすぐには出来なくて、金融パニックを起こし、ここで、本当の意味で破たんします。

これがシナリオ①です。

シナリオ②『お金を刷って借金を無くす。』

シナリオ③『税金を増やして借金を無くす。』

 

②はお金を水増しすることになるので、お金の価値が下がり、物の値段が上がる(インフレ)ことで家計の負担になります。

そして、水増しし過ぎると日本円自体が紙くずになります。そして、破たんです。

 

③は国民が怒るので、大胆には増税しづらいですね。

もし、大胆に増税したら、最悪の場合クーデターが起き、シナリオ①も起こり、破たんです。

=======================

 

今、国はどのような対策をしているかというと…

インフレ2% (=行き過ぎないインフレ) を目指して②を行い、『マイナンバーで脱税を無くす』 *『消費税を上げる』などなど税収が増えるように③をしています。

*(2016年5月30日 消費税増税 再延期を発表 / 2019年10月1日 消費税増税施工)

最後に、景気が回復してくれたら国の借金は無くなる見込みというデータがあるので、好景気が全てのカンフル剤になり得ると言っても過言ではないようです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重

マイナス金利(1)

こまこまめまめ さん ( 50代 女性 )からご質問をいただきました。

ありがとうございます!!

**********************

こんにちは。

ブログを読んでの質問です。マイナス金利についてです。

確定拠出年金のダイワMMF 繰上げ償還=運用終了 になりますので、別の商品に変えてくださいという案内が来ました。

 

マイナス金利の影響のようですが一般人にマイナス金利はどう影響するのでしょうか?

私少し影響受けた気がしてます。

**********************

こまこまめまめ さん、確かにマイナス金利の影響受けていますね!

 

マイナス金利になると、金利がさらに下がり『不景気でも利回りの良い商品』は売り止めになることが多いです。

 

【MMF】は極めて安全性の高い債権を中心に投資信託として運用している商品なので、ローリスク・ローリターンな商品ですね。

ローリスクと言ってもほぼゼロに近いのでは無いでしょうか。

 

この金利の低い時に、ローリターンとはいえ充分リターンを得ることが出来て、尚且つ、リスクがほぼ無い。

金融機関が儲からないどころか、今は売れば売るほど苦しくなるので、売り止めになった訳です。

 

 

では、何の為に『マイナス金利』にするのか。マイナス金利にして誰が得するのか…というところが気になります。

 

金融機関(銀行・保険会社・証券会社)は、たくさんお金を保有したいです。(=保有残高を多く持ちたい。) 預金者、つまりお客様に『うちの銀行はこんなにお金があるから大丈夫ですよ』というアピールにもなります。

しかし、『現金』で持っていたくはないのです。数字で持っていたいのです。現金で持っていても、盗難や火災などのリスク対策や保管場所確保など管理費にお金がかかり利益になりません。

そこで、他で預け直したり、貸したり、運用したりして、少しでもお金を殖やす努力をします。

銀行がお金を預ける先に『銀行の銀行』と呼ばれる日本銀行があります。その金利が今、マイナス金利という訳です。

続く…

マイナス金利(2)

銀行が日本銀行に預ける金利がマイナス金利になったということは、今まで銀行が日銀に預ければお金が殖えていたのに、今は『日銀に預けると逆に減るよ』ということです。

使われるのは銀行のお金ではなく預金者のお金なので、減るのであれば預けないで欲しいのですが、銀行もたくさんの現金を持っていることはリスクなので大変困ってしまうのです。

 

では、日銀からのメッセージはというと…銀行が困ってしまう状態にしたいのではなく、

『金融機関は日銀に預けて殖やすはずだったお金を 運用を強化したり、企業や個人にお金を貸すことに回してください!』ということなのです。それは、経済自体を回すことに他なりません。

なので、今はお金は殖えにくく、借りやすい時代ですね。

 

ちなみに、私たちが銀行に預けるお金の金利がマイナスになることは有り得ないことではないですが、当面は無いと予想されます。

 

日銀がマイナス金利にした他の大きな理由に、『世界経済の動きをけん制したい。』というのがあります。

日本は不景気なのに円の価値が下がらず、身動きが取りにくい状況です。金利は為替などにもつながっていますし、世界経済から守る為にも、経済界の人はいろいろ考えてマイナス金利にしているのです。

ただ、なかなか舵取りがうまくいかないみたいですね。「日本は日本経済のことだけ考えていれば良い訳じゃない、けど、日本国民の生活がこれ以上苦しくなってもマズイ」という訳です。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

マイナス金利(3) 結論

では、私たちはどうすれば良いか。…

今は会社でいえば設備投資をする時期です。(2016年現在)

将来手に入れたいと思うもの(例:マイホーム)や、将来利益を生み出すかもしれないものは借金してでも手に入れても良い時代です。

(ただ、無担保ローンなどの今の生活維持のための借金は、私は基本的にどんな時代でもおススメしません。)

 

そして、お金は勉強しないと殖えない時代です。勉強不足でお金を殖やそうとすると失敗しやすいです。

働くだけで手一杯かも知れませんが、少しの時間でもお金の勉強をして欲しいと思います。

誤解なきようにしたいのは、殖やせば良いと言って貯めなくていい訳ではありません。やはり最低限の金額は貯めましょう。

 

経済は小さな波を描きながら同時に大きな波を描いて上下しており20年程度で動いています。

1986年~1991年はバブル期でした。その前後も余波は残ります。

31_2.gif

例えば10年前が底なら、10年後は天井です。経済が好調の時に自分は何歳なのか、働けているのか…。

働けていればそのタイミングで稼げるし、働けなくても殖やせます。

最長10年の辛抱だと考えると、今の不景気もそんなに怖くなかったりします。

 

さぁ、今は設備投資しましょう! 将来資産になるものにお金を使って良い時期なのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重