名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

保険の選択(1)

ここからは、私の独断と偏見で『保険の選択』はこうすると良いよというのを書いていきます。参考にするかしないかはあなた次第です。

①ガン保険

ガン保険に特に力を入れている会社で申し込むのがおススメです。A社とかT社とかですね。商品も充分に研究されています。まんざらではありません。

注意点は2点。例えば『A社の商品だから大丈夫』と思っている人がいるかもしれませんが、【いつ頃販売された商品か】がポイントです。新しい商品の方がより良くなっています。昔からの契約の場合は見直してみると良いと思います。掛け捨てが基本なので、見直しをして損するということはあまり考えられません。

また、ガンは日進月歩で治療法が見つかっているので、今後も最新の商品をチェックすることをおススメします。

ガン保険は保険金が出るようになるまでに待期期間があることが多いです。(もちろん無い商品もあります。) 3か月が一般的です。新しく契約した保険に3か月の待期期間が付いていたら、それが終わってから古い契約を解約しましょう。ガン保険は高額ではないので、3か月ダブったとしても、それほど家計の負担にはならないと思われるので、焦って解約しない方が賢いです。

2つ目は、【ガン以外の特約は付けない方が良い】ということです。ガン以外の死亡保障や医療保障を特約で付けるくらいなら、別で死亡保険・医療保険に加入しましょう。何故なら、ガン保険は良い商品が発売されたら見直して欲しい商品です。その為、見直しをすれば、特約の保障も終わってしまうからです。

 

②医療保険

人それぞれ好みはあると思いますが、私は終身の医療保険に加入しています。入院や手術はいつするかわからないので、例えば80歳までの医療保険に入っていたのに、保障が終わった81歳の時に入院したとなると、やはり悔しいです。

また、保険料が更新型の医療保険はおススメしません。払えなくなって保険を解約することが一番もったいないからです。そして、当然入院一日目から保障されている保険が良いです。自ずと商品・保険会社が絞れます。

 

医療は国や健康保険の手厚い制度があるので (高額療養費制度・後期高齢者医療制度等)、医療保険自体必要ないという考えも有りだと思います。

ただ、私は実費負担分が怖いので、民間の医療保険に加入しています。差額ベット代とか、食事代とかですね。仕事を休んでいる間、給料が出ないのでその補てんとしても考えています。

最近、【就業不能保険】が人気のようです。働けなくなった時に収入の減少をカバーしてくれる保険です。それは医療保険とは別の扱いです。うつや自宅療養などの病気の時には、医療保険では賄えないので、足りないと思う人は加入しても良いと思います。医療保険に比べて保険料は安くないですが…。

医療保険に加入しているもう一つの理由は、先進医療を保障して欲しいからです。自分が病気をして、それが先進医療で助かるかもしれないなら受けたいです。しかし、先進医療を受けるには莫大な費用が必要です。1,000万円、多いところでは2,000万円保障してくれる保険があります。※ガン保険でも先進医療特約(ガンのみ)を付けることが出来ます。重複して付けることは出来ないので、医療保険の方に付ける方が良いでしょう。

 

注意点は、いつか医療保険に加入するなら、【若い頃から加入すべき】という点です。そして、見直しの要らない保障内容が充実した保険に加入しましょう。

例えば、25歳から終身の医療保険に加入して、保険料の支払いは65歳で終えた場合と、40歳から同様に終身の医療保険に加入して、保険料の支払いは65歳で終えた場合と、保険料の総支払はそれほど差がありません。トータル払うお金が一緒なら、若いうちから保障があった方が断然良いですよね。

なぜ、こうなるかと言うと、一番保険金の請求が多い(=入院や手術が増える) のは65歳を過ぎてからです。(※女性は出産が多い30代も多いです。)保険金支払いの可能性が低い若い頃に加入すると、月々の保険料が安いのです。ただ、払っている時期が長いので、トータルは変わらないという訳です。

保険会社も採算が取れ、お客さんも若い頃から安心を手に入れられる…私ももっと早く加入していれば良かったです。

 

最後に一つ、ガン保険には加入しているが、医療保険には加入していないという人も多いのではないでしょうか。ガン保険は保険料が安いし、ガンが一番お金がかかりそうだからでしょうか。ガン保険のみの選択をした人は、ガン以外の病気になったりケガをしても保障してもらえないことを忘れないでください。

私は、ガンも怖いですが心筋梗塞や脳卒中・糖尿病なども怖いです。大ケガだってするかもしれません。医療保険は、病気を選びません。医療保険+ガン保険が一番の理想です。

ちなみに、私は医療保険にしか加入してません。『最低限だけど無駄のない保障』を吟味した結果です。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow