名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

生命保険の落とし穴

生命保険は『目に見えない商品』ですが、人々が生きていくうえで生じる様々なリスクを軽減させるために考えられた優れた仕組みです。

生命保険を毛嫌いしている人も多いと聞きますが、世界的には日本は【保険大好きな国】と認識されているそうです。そのくらい保険の加入率が高いです。

その為、莫大なお金が保険会社に移ってきます。それを扱う保険会社は【公正】で【透明性がある】ことが求められるでしょう。金融庁もお客さんを守る為の法律やルールに基づいて監視をしてくれています。

では、『どの保険に加入しても安全だね』となりそうですが、そうはならないのです。それこそが落とし穴なのです。

はっきり言ってしまいますが、【公正】で【透明性がある】ように見せていて、水面下では保険会社だって利益を出す為に必死だということです。特に、日本人の押しに弱い性格、判断をしたがらない他力本願なところ、お金の知識が低いところにツケ込んできます。

 

保険に加入していて、『困った状況』になったので保険金を請求したのに、「それはこの契約では保障されません。」とか、「故意でないか調査します。」などと言われ、なかなか保険金が支払われないという話を聞いたことは無いでしょうか。

保険金詐欺が保険会社は一番怖いので、他のお客さんを守る意味でも調査をすることがあるし、意外と時間がかかるのも本当です。しかし、結果、ワザとでもなんでもなかったのに保険金が支払われなかった場合は、保険会社が支払いを渋っている可能性もあります。

「契約の時には説明が無かったのに、契約書(=保険証書)に小さな字で書いてあった。」なんていう泣き寝入り事象も耳にしたことがあります。

それもこれも保険会社が利益を追った結果でしょう。そういったことが無いように、金融庁はさらに対応を強化して最近はトラブルが少ないようですが、表面化されていないだけかもしれません。いつ自分がそういった『弱り目に祟り目』のような事態に陥るかわかりません。そして、そういうことを起こす会社と起こさない会社にも分かれます。つまり保険会社によるのだと思います。

 

価格(保険料)や、サービス(保障・保険金)を求めて商品を選ぶことも大切ですが、まずはどこの保険会社の商品なのかが一番大切だと思います。それぞれ、得意分野が違います。それを知らずに契約するのは、どこのメーカーか知らずに車を買うのと同じです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow