名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

高い買い物『生命保険』

生命保険は安いものではありません。(=支払った保険料の総額) 人生において、家の次に高い買い物と言われています。

 

そもそも、生命保険はみんなでお金を出し合って、困った時に困った人にお金をあげようという仕組みです。

困った状況にならなかった人は、奉仕で終わります。『何もなくて良かった良かった。』と快く奉仕が出来れば良いのですが、その奉仕が家を買えるくらいのお金となると失敗したくないと考えるのは当たり前だと思います。

そうは言っても、奉仕=保険料の安さを求めて保障内容を薄くしては、保険金を受け取る確率を自ら下げているようなものです。困った状況になったのに、自分が契約している保険は、【もっと】困った状況にならないと保険金が出ないとか、保険金が出ても少額で足しにしかならないなどでは意味がありません。それなら、生命保険を契約しない方が良いのかもしれません。

 

生命保険が必要か必要でないかを考えることは大切だと思います。

万が一が怖いので家族の為に必要だと思う人もいるでしょう。長い入院でお金がかかったという経験をした人は、必要性をより感じるかもしれません。

また、家を買う時は、団体信用保険という生命保険に入らないとローンが下りないこともあります。借金をしている人は、万一自分が亡くなっても借金が残らないように生命保険で準備をしておくべきです。

 

余り考える猶予をくれないのは、生命保険は『健康』でないと加入できないからです。病気だとわかっている人が生命保険に入りたがるのは当然です。困っているのだから助けて欲しいです。けれど、そんな人ばかりが生命保険に加入したら、【 保険料 < 保険金 】になってしまい仕組みが崩壊します。(今は、持病があっても入りやすい保険が有りますが、保険料は通常より高く設定されています。)

健康な時に、健康でなくなるかもしれないことを想像して、困った側に回るのか奉仕の側に回るのかは賭けで、安くもない保険に加入するのは、なんてストレスフルなんだろうと思います。

「誰かに自分にピッタリの商品を教えてもらいたい!」という心理になって当然です。そんな難しい判断をしたくないのが人間の性です。

ですが、冷静に考えてみてください。自分に合っているかどうか、一番わかるのは自分自身のはずです。どんな商品があるかなんて知らないので、誰かにアドバイスを貰うのはとても良いことですが、手綱はしっかり自分で握ってください。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重

独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:保険
  • Author:FP-flow