名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

『日本学生支援機構』の奨学金

奨学金で広く一般的なのは『日本学生支援機構』の奨学金です。

 

『日本学生支援機構』の奨学金は、学習意欲と能力を持つ生徒や学生の就学時における経済的負担を援助するための融資制度と位置づけられています。融資制度とはっきり言っているので、借金です。返済が必要です。

そして、全期間無利息の『第1種奨学金』と、在学中は無利息で卒業後は有利息の『第2種奨学金』があります。

 

『第1種奨学金』は借りた分だけ返せば良いです。その為、貸与の条件には学力基準と所得基準があります。

『第2種奨学金』は借りた分だけでなく、利息も併せて返さなくてはなりません。それでも、利息は他の借金に比べたら、随分《良心的》です。平成28年度の貸付利率の年利は基本月額で0.1% / 増額部分で0.3%です。世間が低金利なので、同様に奨学金の貸付利率も年々下がり、今が一番利率が低そうです。(2016年現在)

調べるまで知らなかったのですが、貸付利率は変動するんですね。当然と言えば当然ですが…(汗) ※最新の情報を確認してください。

『第2種奨学金』は利息も払うので、『第1種奨学金』よりも学力基準と所得基準が緩やかに設定されています。緩やかというかゆるゆるなのではないでしょうか。『日本学生支援機構』のホームページを見ると、もっと審査を厳しくすべきだった的な反省が書いてありましたよ。しかも、所得の条件はあるが、将来返済可能かどうかは審査していないって書いてありますからね。そこは『自己責任』ということでしょう。

 

でも、返済困難になった時には、救済措置があります。『返還猶予』か『減額返済』が受けられるでしょう。そして、重要なことは、延滞をする前に『日本学生支援機構』に相談をすることです。

返済が滞ると、個人信用情報機関に登録されたり(=ブラックリストに載る)、連帯保証人に請求書が送られたり、勤務先に連絡があったりします。

これらの対応が「酷い!!」という声もあるみたいですが、逃げるから追われるのです。そして、嫌な言葉ですが「借りた金返すのは当然です!」 この奨学金は借金なのです。忘れてはいけません。

 

*親御さんへ・・・お子さんの為に、諦めずに少しでも教育費貯めませんか? 1,000円からでも良いと思います。

*学生のあなたへ・・・大学に行けたからと浮かれずに、バイトをして少しでも返済のお金用意しませんか?…『第2種奨学金』は在学中は無利息で卒業後は有利息なのだから、一番貯められるのは在学中かもしれませんよ。

もちろん学業が優先です。…留年なんてしたら奨学金もストップするし、卒業できるかわからなくなります。友達との交流も大事にしてください。それでも、大学生って時間を作れると思うのです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:お金
  • Author:FP-flow