名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

マネー実力テスト (家計編)

【問2】

以下の2通りの家計の見直し方法があるとします。

 削る 引き算(支出-赤字=収入 赤字額分の支出を削っていく)

 確保 足し算(支出+支出+支出…=収入 収入を超えないように支出を確保していく)

 家計が赤字であることが判明しました。 何を削りますか? または、何を確保しますか? 

 選択肢: ①食費 ②住居費 ③光熱費 ④雑費 ⑤通信費 ⑥車関連費 ⑦教育費 ⑧保険料 ⑨お小遣い・交際費 ⑩貯金(積立等) ⑪旅行・遊興費

 

【問3】

 なかなか貯金ができません。 何を削りますか? または、何を確保しますか? 

 選択肢【問2】と同じ

 

【問4】

 なかなか貯金ができません。 何を削りますか? または、何を確保しますか?  ※住居は持家で住宅ローンがありローンの見直し済みです。車は会社から貸与されており、プライベートでかかるのはガソリン代のみです。保険料の見直しと携帯のキャリヤ変更、公共料金の一元化が済んでいる家計です。

 選択肢【問2】と同じ

 

運動会のイラスト「順位の旗 1位~6位」

 

A.【問2】 家計が赤字であることが判明しました。

削る ⑥車関連費 ⑪旅行・遊興費 ③光熱費 を選んだあなた … センスあり!

赤字なので削るのはやむを得ないです。そこで一番削れるのは車と旅行でしょう。(一旦諦めるという考え方で充分) / 光熱費は一元化で基本料金を抑えたり、プランの見直しを検討しましょう。

確保 ⑨お小遣い・交際費 ⑦教育費 ⑧保険料 を選んだあなた … センスあり!

お金がピンチな時ほどお小遣いや交際費はきちんと確保しましょう。お小遣いを極端に減らしたり無しにすると、結局『使途不明金』として出費が増える傾向があります。 / 教育費は一朝一夕では貯まらないので、一度やめてしまうと再度始めるハードルが高くなります。 / 赤字の時こそ保険が必要です。有事の際に為す術がなくなります。

削る ⑨お小遣い・交際費 ⑧保険料 ②住居費​ を選んだあなた … センスなし!

家賃が安くなるとしても赤字の時に引っ越すのは得策ではありません。予算よりオーバーするのが引っ越しというものです。

確保 ⑩貯金(積立等) ⑪旅行・遊興費 を選んだあなた … センスなし!

『確保=使途不明金が無くなる』ので基本的には良い選択ですが、赤字の時に先取り貯金や、旅行の積立などをしている場合ではありません。運用も利益より借金の利息の方が多くなっては本末転倒です。

 

A.【問3】 なかなか貯金ができません。

削る ⑥車関連費 ③光熱費 ⑧保険料 ⑤通信費​ を選んだあなた … センスあり!

貯金を必ずするぞ!という前提であれば保険を必要最小限なものに変え、その分を貯金に回すと良いでしょう。『貯金保険』 貯金は保険の代わりになります。ただし、結局貯金出来なかったとなったら残るのは後悔です。 / 通信費の見直しは選択肢が多いので、心に余裕がある時に行いましょう。

確保 ⑨お小遣い・交際費 ⑪旅行・遊興費 ⑩貯金(積立等) を選んだあなた … センスあり!

貯金の邪魔をするのは、楽しいもの欲しいものを目の前にした時のあなた自身です。『未来の自分』の為とは言え我慢するのは簡単ではないでしょう。全て我慢は出来なくても、一部であれば我慢できそうです。その為の予算決めです。

※②住居費 は貯金ができてから見直すべきです。

 

A.【問4】 なかなか貯金ができません。 ※住居は持家で住宅ローンがありローンの見直し済みです。車は会社から貸与されており、プライベートでかかるのはガソリン代のみです。保険料の見直しと携帯のキャリヤ変更、公共料金の一元化が済んでいる家計です。

削る確保 ⑪旅行・遊興費  ①食費  ⑨お小遣い・交際費 … センスあり! ですが、、、

こちらのケースでは、収入を増やすのが一番です。 / 趣味や娯楽にお金を使い過ぎているとわかっていてもやめられない(依存症)可能性も考えられます。

※充分な収入があるし、目立った出費はない…という場合の改善点は ①食費 です。食費が知らず知らずの内にかさばっているかもしれません。1日いくらあれば生きていけるかを計算して、1週間や1か月単位で予算オーバーしていないか確認しましょう。その際、食費専用のお財布を別に用意してください。

 

⇩ ポチっとして頂けると嬉しいです! ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:日記
  • Author:FP-flow