名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

口座維持手数料から逃れたい

銀行口座を持っているだけでお金がかかるという噂を聞くと、心がざわつきますよね。

メガバンクが口座管理手数料の導入を検討しており、メガバンクが行えば地方銀行・信用金庫と追随するのは世の流れです。

 

少しわかりにくいのが、名称が【口座管理手数料】なのか【口座維持手数料】なのかです。

◆口座を持っているだけで手数料がかかる←【口座維持手数料】と呼ばれていることが多い

◆長い期間使っていない口座に手数料がかかる←【未使用口座管理手数料】などと呼ばれることが多い

この2つの意味で使われていますが、どちらがどちらの意味かはっきりとはわかりません。【口座維持管理手数料】なのではないかとも思えます。(新しい情報を得次第、ブログに書き加えていきますね)

通帳とキャッシュカードのイラスト

10年以上入出金等の動きがなく連絡がつかない口座は、休眠口座と呼ばれ別で管理されています。(口座解約をしに来店しないと、銀行の利益になります。)

忘れられた口座か、もしくは解約しに行くほどの残高もない口座かどちらかでしょう。以前は、残高が1,000円程度以上あると普通預金でも利息が付いて口座に動きができ、休眠口座にならなかったのですが、今の低金利ではいくらあれば利息が付くのか計算するのも怖いです。

ただ、【未使用口座管理手数料】は利息の付く付かないは動きとして認定しない方向(未定)のようで、そうなると使っていない口座は毎月手数料が取られて最後に残高が無くなり休眠口座になります。

 

口座があるだけで手数料を取られる可能性ですが、既存の口座には導入は難しいのではと思っています。何故なら、最初に口座開設した時の規約に載っていないからです。今後新たに作る口座には【口座維持手数料】を徴収する旨の案内があると思います。

また、給与振込年金の受取各種引落、一定以上の残高がある口座は【口座維持手数料】が免除される予定です。

銀行のイラスト(お金)

対策としては、

■使っていない口座は解約する。

■氏名・住所変更をしたら届け出る。←【未使用口座管理手数料】が発生する前には郵送で案内が来るはずです。

■今ある口座を有効活用する。

■新規口座を作るなら、手数料免除に該当するように使用する。または、免除に該当する銀行で口座を作る。

 

紙の通帳の撤廃や有料化の動きにもざわつきましたが、【口座維持手数料】は毎月のことなので家計にかなり影響がありそうです。きちんと対策していきたいですね。

 

 ⇩ ポチっとして頂けると嬉しいです! ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:日記
  • Author:FP-flow