名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

欠陥住宅

リーマンショック後、約700万人いた建築業の職人さんが約200万人も減ったというニュースを見ました。平成28年のデータですが、『最近の建築産業と技能労働者をめぐる状況について』国土交通省(PDF) でも同内容を確認できます。

とにかく現場監督の人数が足りないらしいです。現場監督になるには知識・経験・資格が問われます。すぐに補充がきく職業ではありません。

 

人手不足に比例して ここ十年で増えているのが欠陥住宅 です。

消費税増税や住宅ローンの低金利等、家の購入を考えるタイミングがありましたが、せっかく手に入れたマイホームが欠陥住宅では元も子もないですよね。

ニュースでやっていた注意するポイントを書いておきます。(抜粋)

□ 契約を急ぐ業者は怪しい。

□ 建売住宅は購入前に住宅診断を依頼する。

□ 注文住宅は時間をかけて打合せをする。営業担当者ではなく建築士と打合せすることが基本。(←実務上は難しいので、重要なところを建築士と打合せする)

 議事録を渡してくれる業者は信用が出来る。 そうでない場合は、自分で記録を残すようにする。 【言った言わないがトラブルの元】

□ 新築マンションは建ってからでないと瑕疵を確認できないが、完成前に売切れることがほとんど。 10年以前完成のマンションをリノベーションすることも候補に入れて。

□ 土地・立地を確認する。(土地は以前、砂地や沼地であった場合は杭を深く打つなど、決められた基準がある=地盤改良工事)(マンションは駅から徒歩7分以内が良い)

 ⇧ 私も同意見です。◇住宅ローンが残っているのに家を手放す

住宅の基礎工事のイラスト

私個人の意見を1つ加えさせて頂きます。​

□ 建築に詳しい人と知り合う。

(私はFPの6科目の中で不動産が一番苦手ですが、建築に詳しい家族・友人に支えられています。)

 ① ライフプランニングと資金計画
 ② リスク管理
 ③ 金融資産運用
 ④ タックスプランニング
 ⑤ 不動産
 ⑥ 相続・事業継承

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー

  • Category:
  • Author:FP-flow