名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

住宅ローンが残っているのに家を手放す

今まで家計がマイナスになって苦しんでいる人に向けてのブログをいくつか書いてきました。リボ払いや車のローンで苦しんでいる人です。

そんなマイナス家計の人の悩みの中でも一番深刻なのが住宅ローンです。

 

未曾有の金融緩和政策が続き、住宅ローンの金利は低いままで、「よし!家を買おう」と検討された人、実際に購入した人は少なくないでしょう。長く低金利が続いていますが、いつ終わりが来るかはわかりません。買い時と考えるのは自然なことです。

ただ、そろそろ家を買おうか…なんて話が出た時のベストな家が、ずっとベストな家になり得るとは限りません。

家は住む人がいてこそ価値があるものです。家族は変化します。一人暮らしで悠々一城の主という人にも変化は訪れます。

また、土地価格は変動します。建物は必ず劣化します。そこそこ満足していても、完璧に気に入った家を手に入れるのは難しく、住んでからも「ここがああだったら良かった…」と思うものです。

 

買う時のポイントは『売れる家・貸せる家』かどうかです。もし、何らかの変化でその家を手放す時に、なかなか売れない・貸せない家では確実に【損】をします。

「賃貸は住宅ローンと変わらない金額の家賃を払って、結局は自分の物にならない」という意見に賛同しますが、家は手放し住宅ローンだけが残ったという不幸に比べたら賃貸はずっと魅力的です。

では、家なんて買わない方が良いのでしょうか?

本当に持家が必要になるのは老後です。年を取ると家を借りることが困難になります。一人暮らしであれば尚更です。ですので、家は購入することをおススメします。

ドールハウスのイラスト

マンション・アパートで大切なのは立地です。一軒家もほぼ同じで土地です。新築の家でも一度住んでしまえば『中古』…他人から見ればもうその建物の魅力は半減してしまいます。

そこを考えずに自分が住むイメージのみで良いと考えて購入するのは危険かも知れません。マイホームという魔力にかかってしまっています。

また、最後は住宅ローンを払えるかどうかが決め手だったりします。それはとても懸命な考えですが、住み続けるということが前提になっています。数年後に転勤になったら?離婚したら?ということまで考えて『払えるか』考えたでしょうか…。

もし世帯主が亡くなっても、住宅ローンが無くなり住み続けられる保険はあります。火災保険や地震保険に入っていれば災害に遭っても多かれ少なかれカバーすることが可能でしょう。しかし、転勤保険、離婚保険、ご近所トラブル保険はありません。

結論から言うと、一生に一度の家という考え方を捨ててください。そして、手放した時に住宅ローンが残るような家の買い方をしないでください。

住宅ローン部分は土地代相当で、建物代と同額のお金は現金で払うという買い方が出来れば理想ですが、簡単ではないでしょう。だからと言って「金利が低いから頭金なしで家が買えますよ」なんて甘い言葉に惑わされないでください。

 

もちろん建物自体に価値がないとは言いません。どこにでもある月並みな家では競争に負け、値段を下げられ悔しい思いをします。建物にこだわるのであれば、中古になっても魅力的であろう家を思い切って買うべきです。

それらを間違わなければ、売って買ってをしても住宅ローンだけが残るということはないと考えます。

中古で買って上手にリノベーションし、また売ってを繰返しても良いでしょう。ずっと賃貸で、後の住処は田舎の家を現金で買うでも良いでしょう。

変化が付きものの一生の中で、どのタイミングで家を手放しても困らないようにしたいものです。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキング

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

名古屋・愛知・岐阜・三重 / 独立系・女性ファイナンシャルプランナー