名古屋|FP flow|お金に踊らされない人生を送るために

Let it be ブログBlog

保有欲への対策

【保有効果】に引っ張られると、どんな不都合があるのでしょうか。それは、『ものが手放せなくなる』ということだと考えられます。

自分が今現在使っていて、これからも使う予定があるなら、持っていて問題ないと思うのですが、使う予定がないのに持っている『もの』が多ければ要注意です。

 

日本は本当に『もの』が豊かで、捨てるのが勿体ないという気持ちになります。しかし、どんどんと新しいものにも目移りし、手に入れていってしまいます。

そうして、『もの』で溢れて自分で管理も出来なくなり、心がせわしなくなって『このままではいけない』と思います。整理を始めるのですが、当然『思い入れ』があるものはなかなか捨てられません。また、「まだ使える」「いつか使うかもしれない」と思えばさらに整理の手は止まってしまいます。【保有効果】が起こっています。『思い入れ』があると、自分にとって要るのか要らないものなのかの判断が鈍るのです。

「捨てるからいけないんだ」と売りに行っても、二束三文にしかならないのが現実です。それだけ他人には価値が低いものだと気付く良い機会だったのに、結局売らなかったりします。

【断捨離】【人生がときめく片付けの魔法】などが流行ったのはそのせいでしょう。それらは、上手く『もの』とお別れをさせてくれます。

整理が出来るのなら、それで充分とも思えます。しかし、整理できてスッキリしても、また『もの』が増え、整理するの繰り返しになったりします。無駄が多いことに薄々気付きだします。

 

【保有効果】対策で何が重要か…。それは捨てる時・手放す時ではないのです。買う時・手に入れる時が最も重要なのです。

物を持たない暮らしをする【ミニマリスト】になれと言いたい訳ではありません。私は【ミニマリスト】には憧れません。なぜなら『もの』の持つ魅力を知ってしまっているからです。

『もの』を手に入れる時には、必ず手放す時の価値を考えます。買う時も、貰う時もです。

手に入れる時は、その『もの』欲しさに興奮して1.5倍輝いて見えます。しかし、「手放す時にはいくら位になっているだろう」「捨てられるだろうか」「捨てられなければ、譲る相手はいるだろうか」の3つを考えます。

安価なものであれば「要らなくなったら捨てるか売るかするからね。」と、高価な物であれば「あの人に譲るか、○○○円より価値が下がりそうだったら売るからね。」などと、手に入れる時に『もの』と約束をするのです。

家を買う時は、売る時を想定してから買ってください。そうすると、「このこだわり要らないわ。」とか、「少し高くてもこっちを選ぼう。」という新しく、明確な判断が出来るようになります。私なら、立地は大事なのでよく調べ、土地は建物のように劣化しないので一軒家を選び、30年以上経って自分が年をとっても住みやすいかなどを考えます。価格が落ちないポイントになると思います。

手に入れた時の価値-手放した時の価値=自分が保有していた時の価値です。(どのくらい使ったか・どのくらい幸せな気持ちになったか) シミュレーションして納得出来なければ、手に入れるのは止めておきましょう。

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

貧困脱出・借金軽減・お金から好かれたい人は… お金の心理カウンセラー 『FP flow 』 にご相談ください。 

独立系・女性ファイナンシャルプランナー  名古屋・愛知・岐阜・三重